サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

アギーレ初陣はウルグアイに0-2。
“戦う”以外の方向性は見えたか? 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/09/06 12:00

アギーレ初陣はウルグアイに0-2。“戦う”以外の方向性は見えたか?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

アギーレ監督は「(川島)永嗣、(吉田)麻也、本田の3人が主将。永嗣はレフェリーから遠い」と本田圭佑にキャプテンマークを託した。

 パン、パーンと音が聞こえてくるようだった。

 試合終了を告げるホイッスルが鳴り響くと、ハビエル・アギーレはクルリとピッチに背を向け、2回ほど強く手を叩いてから足早にウルグアイの指揮官に握手を求めにいった。

 0-2での敗戦。

 札幌ドームのピッチから遠い3階席から見た印象にしか過ぎないが、試合内容への不満や悔しさから、手を叩いたふうには見えなかった。

試合後も落ち着いていたメキシコ人指揮官。

 試合後の会見でも、メキシコ人指揮官は落ち着いた口調で語っている。

「(満足できる部分というのは)チームが戦ったこと、気持ちで負けるところがなかったことだ。失点が2つあったとはいえ、そこで落ち込むこともなかった。

 3回の練習しかしていない状況でウルグアイと対戦するのは、簡単なことではない。世界のベスト10に入るウルグアイとの戦いを通じて、学ばなければならない試合だった。彼らと同じレベルでやりたいなら、しっかり学んで、これから努力していかなければならない。しかし、ゴールをプレゼントしてはいけない。ああいったミスは避けていく必要がある。

 この試合の結果を分けたのは経験とミスだ。攻撃では相手より多くのCKを得ることができ、FKもこっちのほうが多かった。皆川(佑介)がフリーでヘディングし、ゴール上に外れるシーンもあったが、攻撃に失望はしてない。まだまだ練習しなければならない部分ではあるが」

 トラップミスとクリアミスから生じた2失点と、無得点に終わった攻撃に納得はしていないだろうが、会見全体のトーンとしては概ねチームに及第点を与えていた。

【次ページ】 「アギーレ色」がぎっしりと詰まったデビュー戦。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ハビエル・アギーレ
皆川佑介
坂井達弥
田中順也
森重真人
細貝萌
本田圭佑
岡崎慎司
武藤嘉紀
森岡亮太

ページトップ