森重真人 

45件中 1 - 20件を表示
森重真人はW杯にギラついている。「俺なんて」が口癖だった男の変貌。

サッカー日本代表PRESS

森重真人はW杯にギラついている。
「俺なんて」が口癖だった男の変貌。

あの日から諦めることをやめにした――。もう6年以上前の話になる。FC東京が、J1再昇格した2012年。気の置けない仲間たちが集ま… 続きを読む

馬場康平Kouhei Baba

2018/05/17

昌子源が説くハリルJでのデュエル論。個で優る相手といかに戦うのか?

サッカー日本代表PRESS

昌子源が説くハリルJでのデュエル論。
個で優る相手といかに戦うのか?

ミックスゾーンでの昌子源は、とてもリラックスしていた。代表のジャージを着た彼を取材するのは、昨年11月のブラジル戦前以来だ… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/03/23

「10年後に会おう」と約束した年、北京五輪戦士達がロシアW杯に挑む。

サッカー日本代表PRESS

「10年後に会おう」と約束した年、
北京五輪戦士達がロシアW杯に挑む。

W杯ロシア大会開幕まで3カ月を切った。3月のベルギー遠征では、本田圭佑が日本代表への復帰を果たした一方、岡崎慎司、西川周作… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/03/20

森重真人がルーティンを壊した理由。W杯のためにも「安定より成長を」。

サムライブルーの原材料

森重真人がルーティンを壊した理由。
W杯のためにも「安定より成長を」。

センターバックは危機察知能力がないと務まらない。予測と対処。ピッチで求められることは、人生においても同じなのかもしれない… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/03/13

「ブラジルW杯前と、状況は同じ」森重真人、復活へのロードマップ。

ミックスゾーンの行間

「ブラジルW杯前と、状況は同じ」
森重真人、復活へのロードマップ。

踏んだり蹴ったりの2017年シーズンが過ぎ去った。森重真人は、勝負の2018年シーズンを戦おうとしている。 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2018/02/27

東京ドロンパが「I have a OKUBO」。多摩川クラシコは、嘉人を巡る戦い。

Jをめぐる冒険

東京ドロンパが「I have a OKUBO」。
多摩川クラシコは、嘉人を巡る戦い。

3月4日のJ1第2節、FC東京vs.大宮アルディージャ戦の試合後、味の素スタジアム場内から流れてきたのは、ピコ太郎の「PPAP」だった… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/03/17

大久保が前線から、林が後ろから。2人が問題視するFC東京の「甘さ」。

Jをめぐる冒険

大久保が前線から、林が後ろから。
2人が問題視するFC東京の「甘さ」。

それは、異例の挨拶だった。昨シーズンのホーム最終戦、ベガルタ仙台を1-0で下したあとのセレモニーでFC東京のキャプテン、森重… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/02/07

FC東京、何も得られなかった1年間。森重が語った「選手だけでなく……」。

JリーグPRESS

FC東京、何も得られなかった1年間。
森重が語った「選手だけでなく……」。

2016年2月9日、ACLプレーオフ・チョンブリ(タイ)戦。今季のFC東京は、Jクラブの中で真っ先に公式戦開幕を迎えたクラブだった。… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2016/12/29

リオのピッチに立つ11人を完全予想!遠藤航を中盤に固定すると……。

サッカー日本代表PRESS

リオのピッチに立つ11人を完全予想!
遠藤航を中盤に固定すると……。

あなたなら、どうする?あなたがU-23日本代表の監督だったら、どんな18人を選ぶ? 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/05/31

森重真人はなぜ連戦を乗り切れるか。疲れを「頭で負かしちゃう」方法論。

サムライブルーの原材料

森重真人はなぜ連戦を乗り切れるか。
疲れを「頭で負かしちゃう」方法論。

森重真人は、タフである。今季の公式戦は2月9日のACLプレーオフ、チョンブリ戦から始まり、Jリーグ、ACL、そして日本代表でもロ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/05/03

一回りふてぶてしくなった森重真人。CBにとって重要な「それはそれ」。

サムライブルーの原材料

一回りふてぶてしくなった森重真人。
CBにとって重要な「それはそれ」。

ドッシリと構えて、大きく見えた。吉田麻也と森重真人のセンターバック「元祖MMコンビ」。カンボジア、アフガニスタンを相手に守… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/09/12

浦和が示したセットプレー止め方講義。FC東京の「武器」を封じた方法とは?

JリーグPRESS

浦和が示したセットプレー止め方講義。
FC東京の「武器」を封じた方法とは?

流れの中からのビューティフルゴールであれ、セットプレーからの地味なゴールであれ、1点は1点。スペインのアトレティコ・マド… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2015/05/18

ハリルはなぜ森重真人を指名した?代表キャプテンを巡る、歴史と個性。

サムライブルーの原材料

ハリルはなぜ森重真人を指名した?
代表キャプテンを巡る、歴史と個性。

キャプテンシーは千差万別。宮本恒靖は冷静沈着にチームを見ようとし、中澤佑二は明るいキャラクターで先頭に立ち、長谷部誠は強… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/04/21

試合の入り方と中2日のマネジメント。アジア杯、ベスト8敗退の本質とは。

サッカー日本代表PRESS

試合の入り方と中2日のマネジメント。
アジア杯、ベスト8敗退の本質とは。

シドニーの悪夢――。6人目に決められてPK戦での敗北が決まった瞬間、サムライブルーの面々はひざをつき、ピッチに崩れ落ちてい… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/01/24

アジア杯GL3戦無失点は史上初!“防波堤”長谷部誠は役者が違う。

サッカー日本代表PRESS

アジア杯GL3戦無失点は史上初!
“防波堤”長谷部誠は役者が違う。

白いカモメが群れをなして、メルボルンの夜空を気持ちよさそうに泳いでいた。9試合ぶりとなる香川真司のゴールを祝うように。グ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/01/21

攻撃の指揮はいまだ遠藤の独壇場。アジア杯初戦で再確認した“特殊性”。

サッカー日本代表PRESS

攻撃の指揮はいまだ遠藤の独壇場。
アジア杯初戦で再確認した“特殊性”。

ニューカッスルの気まぐれな空。ついさっきまで晴れていたかと思えば、たちまち雲に覆われて横なぐりの雨が降りつける。試合が始… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/01/13

ザックの理想、アギーレの現実路線。内田が示唆した真の“継続性”とは?

サッカー日本代表PRESS

ザックの理想、アギーレの現実路線。
内田が示唆した真の“継続性”とは?

来年1月のアジア杯を前にした、年内最後の親善試合。4万6312人で埋まった長居スタジアムのスタンドは代表戦特有のお祭りムードに… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2014/11/19

再び某夕刊紙風で代表発表をお届け。ザックJ組と若手の生存競争が勃発!

サッカー日本代表PRESS

再び某夕刊紙風で代表発表をお届け。
ザックJ組と若手の生存競争が勃発!

【11月5日 夜。ホンジュラス戦(14日)、オーストラリア戦(18日)に臨む日本代表メンバー23人発表から数時間後、再びNumber We… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2014/11/06

森重真人がアンカー起用される理由。4-3-3の特性と、アギーレの“哲学”。

サッカー日本代表PRESS

森重真人がアンカー起用される理由。
4-3-3の特性と、アギーレの“哲学”。

新生アギーレジャパンは、4試合を終えて1勝2分1敗。9月と10月の2度の招集で選手の顔ぶれは大きく変わり、ピッチに立つメンバーも… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2014/10/27

福西崇史が語ったアンカー細貝萌。「プレーの予測の速さはさすがだね」

メルマガNumberダイジェスト

福西崇史が語ったアンカー細貝萌。
「プレーの予測の速さはさすがだね」

元日本代表ボランチがサッカーの現在を赤裸々に語るメルマガ「福西崇史の『考えるサッカー』」。最新号の中身をちょっとだけ……… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2014/10/24

1 2 3 NEXT >>

ページトップ