沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

無敗馬、外国産馬、中距離血統……。
大混戦の皐月賞を獲得賞金から読む。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/04/19 08:00

無敗馬、外国産馬、中距離血統……。大混戦の皐月賞を獲得賞金から読む。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

休み明け初戦のスプリングSではロサギガンティアの2着と初めて土をつけられたが、皐月賞では2歳王者の実力を発揮できるだろうか。

 ハープスターの「一強」だった先週の桜花賞とは打って変わって、今週の皐月賞は大混戦の様相を呈している。

 勝ち馬はおろか、1番人気になる馬を当てるのすら難しい。本稿をどの馬から書いていくべきかも迷ってしまう。

 こういうときは基本に立ち返って、競走馬の強さの目安となる「賞金」に着目したい。ということで、まずは、メンバー中一番賞金を稼いでいる馬から見ていこう。

 総賞金1億948万円の稼ぎ頭は、昨年2歳王者の座についたアジアエクスプレス(父ヘニーヒューズ、美浦・手塚貴久厩舎)である。

 この馬はダートの新馬戦と500万下特別を圧勝し、芝での初レースとなった朝日杯フューチュリティステークスを勝ってしまったという珍しいキャリアの持ち主だ。力のいるダートでも、スピードが求められる芝でも高いパフォーマンスを発揮できるのは、器用なタイプか、絶対的な能力が高いかのどちらかだが、この馬は間違いなく後者だ。

アジアエクスプレス、外国産馬の初制覇なるか。

 管理する手塚調教師は、「勝負に行くべきレースなので、目一杯の仕上げをした」と手応えを語っている。6月17日にイギリスのアスコットで行なわれるGIセントジェームズパレスステークスに出走するプランもある。

 もし皐月賞を勝てば、昨年のロゴタイプにつづく2歳王者の戴冠となると同時に、外国産馬による初制覇にもなる。

 年明け初戦のスプリングステークスで2着になった内容もよく、そこから1ハロン距離が延びただけでバタバタになるとは思えないだけに、マークが必要だ。

【次ページ】 ハープスターにしか負けていないイスラボニータ。

1 2 3 NEXT
アジアエクスプレス
ワンアンドオンリー
トーセンスターダム
イスラボニータ
トゥザワールド

ページトップ