日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

代表復帰の大迫が語っていた「夢」。
万能の裏に隠し持つ“賭ける”力とは。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/11/09 08:01

代表復帰の大迫が語っていた「夢」。万能の裏に隠し持つ“賭ける”力とは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

代表に選出される数日前、インタビューに答える大迫。代表、そしてW杯への想いを隠すことは全くなかった。

 若いプレイヤーのなかには日本代表を経験することで、成長サイクルを一段と加速させる者がいる。

 鹿島アントラーズのエースに君臨する大迫勇也も、間違いなくその一人だ。

 23歳、5年目の今季はひと味もふた味も違う。

 元来、視野が広くてチャンスメイクも器用にこなす万能ストライカーだが、今季は何よりもゴール前で勝負強さを発揮できるようになっている。

 実は大迫は、若手中心で臨んだ2010年1月のイエメン戦でA代表に初招集されている(出場機会なし)。さらに昨年4月に行なわれた代表候補合宿に呼ばれてもいるが、実質的に本当の意味での初代表となったのが、7月の東アジアカップだと言えるだろう。

 その東アジアカップでは、オーストラリア戦で2ゴールを挙げ、9月のグアテマラ、ガーナ戦でも招集されると2試合とも出場を果たした。翌月のセルビア、ベラルーシ遠征は代表メンバーから外れたものの、9月に再招集された際は本田圭佑、香川真司ら欧州組と一緒にトレーニングを積んで、同じピッチにも立った。

 そして東アジアカップから帰国して以降、大迫の成長サイクルはさらなる“確変”を迎えている。

 13試合10得点(第30節終了時点)というハイペースで自身初となる2ケタ得点をあっさりと達成し、得点ランキングも3位(17ゴール)まで上昇しているのだ。

 一体、何が彼を変貌させ、飛躍に向かわせているのか。その背景にあるものとは――。

欧州遠征の代表発表前、大迫に話を聞く機会があった。

 薩摩隼人らしく、決して口数が多いタイプではない。

 柔らかい雰囲気を醸し出しながらも、一点を見つめる切れ長の鋭い目は意志の強さを感じさせる。プレー同様、「柔」を見せておきながら、内にある「剛」がのぞく。

【次ページ】 代表で得たものを尋ねると、大迫は間髪入れずに答えた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大迫勇也
鹿島アントラーズ

ページトップ