詳説日本野球研究BACK NUMBER

対巨人“戦意喪失”を克服した広島。
真っ向勝負の志を生んだキラ効果。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/10/29 10:30

対巨人“戦意喪失”を克服した広島。真っ向勝負の志を生んだキラ効果。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

CSでは敗れたものの、レギュラーシーズンでは3勝0敗と巨人への抵抗の先鋒となった前田健太。

 広島の最近5年間の巨人戦の成績を見てみよう。

2009年 7勝14敗3分け(巨人1位、広島5位)
2010年 6勝18敗0分け(巨人3位、広島5位)
2011年 6勝16敗2分け(巨人3位、広島5位)
2012年 8勝15敗1分け(巨人1位、広島4位)
2013年 8勝14敗2分け(巨人1位、広島3位)
<120試合、35勝77敗8分け、勝率.313>

 見事な負けっぷりである。そのためだろうか、改めて今季中盤までの先発ローテーションを見ると、巨人戦に勝ってやろうという気持ちがまったく感じられない。

3/29 ●バリントン  4/19 ●久本祐一   5/3 ●久本祐一
     30 △久本祐一     20 ●中崎翔太       4 ●中崎翔太
     31 ●前田健太     21 ○中村恭平       5 ●バリントン

6/25 ●野村祐輔   7/24 ●バリントン  8/ 9 ●野村祐輔
     26 ●中崎翔太       25 ○前田健太     10 △バリントン
     27 ○バリントン                           11 ●中崎翔太

9/14 ○バリントン  9/21 ○前田健太   9/29 ○大竹 寛
     15 ○前田健太     22 ●久本祐一
     16 ○中村恭平     23 ●大竹 寛

 6月までの巨人戦の先発ローテーションはバリントン、久本、中崎を中心に組んでいるのがわかる。前田、野村、大竹の3本柱は強い巨人にはぶつけず、勝ちが見込める他球団にぶつけるという意図がみえみえのローテーション。その結果、6月までの対戦成績は2勝9敗1分け、勝率.182と散々である。

【次ページ】 7月以降、対巨人戦の先発が変わった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
広島東洋カープ
キラ・カアイフエ
丸佳浩
菊池涼介

ページトップ