野球クロスロードBACK NUMBER

楽天vs.巨人、「シリーズ男」は誰だ?
カギは4番の力を引き出すこの“2人”。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/10/28 12:00

楽天vs.巨人、「シリーズ男」は誰だ?カギは4番の力を引き出すこの“2人”。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

2007年から主将を務める阿部。今年はWBCでも主将、4番、正捕手を務め、シーズンでは32本塁打を記録した。

 両軍にとって、日本シリーズ2試合を終えた時点で1勝1敗は想定内の結果だろう。

 巨人は、エース・内海哲也の好投など投手陣の奮闘が光り初戦を2対0で勝利。第2戦の菅野智之は6回途中1失点、フォークを決め球に6つの三振を奪いCSからの好調ぶりを披露した。チームは1対2と敗れはしたものの敵地で連敗しなかった。そして、内海、菅野の両先発をシリーズ終盤でも投げさせられる計算が立ったことは、巨人ベンチにとって大きな収穫だったはず。

 楽天はまず、先発起用から攻めに出た。第1戦は、中4日でマウンドに上がった則本昂大が敗戦投手となったものの8回2失点の好投。第2戦では田中将大が12奪三振の圧巻の投球で巨人打線を圧倒した。中4日で田中をマウンドに出したくない。今季無敗の絶対エースで初戦を落とすようなことがあれば、次戦以降に響く……。短期決戦でよく言われる「第2戦重要論」を地で行くような采配で、楽天は最低限のイーブンで2試合を終えた。

 ここまで投手戦が続いているが、第3戦以降も緊迫した展開が続くとは限らない。どこかで必ず訪れる打ち合いを制していかなければ、頂点を勝ち取ることはできないのだ。

 そうなると、どうしても「打線のキーマン」の存在が必要不可欠になる。

頂上決戦で必ず現れる「シリーズ男」、今年は……?

 頂上決戦では必ずと言っていいほど、「シリーズ男」なる選手が現れる。だが、ここまでの2戦を振り返れば、まだ決定的な打線のキーマンは両軍ともに出てきていない。

 しかし、打線の起爆剤となる選手。もっといえば、「シリーズ男」へのお膳立てを生み出しそうなパフォーマンスを見せた選手は、確かにいた。

 巨人ならそれは、3番の阿部慎之助になる。

 日本シリーズにおけるチームの最重要選手であり、相手の徹底マークが確実視される男。第2戦が終った時点で4打数無安打、4三振。4四死球と出塁こそ多いが本来の打撃は鳴りを潜めたまま。「逆シリーズ男」と囁かれてもおかしくない状況ではある。

 だが、数字だけでは測れない阿部の価値は、間違いなく存在していた。

 第1戦でクローズアップしたいシーンは、8回の第4打席。阿部は則本と嶋基宏バッテリーの巧みな配球に翻弄される。ストレートはボールゾーンに。シーズン中に多投しなかったカーブでカウントを取りつつ、同じ球種をきわどいコースに投げさせる――。

 この打席で阿部は、空振り三振に倒れた。しかしそれが、直後の村田修一の本塁打を呼んだことも事実なのだ。

 村田が打ったのは、真ん中寄りに入った外角のストレート。楽天バッテリーが阿部に集中しすぎたことが、村田への初球の入り方を甘くした。結果がそれを物語っているではないか。

【次ページ】 「僕が打てれば勝てるし、打てなければ負ける」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大
阿部慎之助
原辰徳
星野仙一
村田修一
嶋基宏
則本昂大
岡島豪郎
銀次
菅野智之
藤田一也
日本シリーズ

ページトップ