SCORE CARDBACK NUMBER

2015年W杯を見据える、
指揮官エディの深謀遠慮。
~ラグビー日本代表のタフな日程~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/05/25 08:00

5月4日の韓国戦では藤田(左)のパスから福岡がトライ。若手の台頭は大きな収穫だった。

5月4日の韓国戦では藤田(左)のパスから福岡がトライ。若手の台頭は大きな収穫だった。

「力の差があるから、特に喜ぶような内容ではない」

 5月10日、93対3の大差でアラブ首長国連邦(UAE)を下したあと、エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチは素っ気なくコメントした。

 アジア5カ国対抗の優勝は前節に韓国を破った時点で確定していた。UAEは世界ランク96位。「世界のトップ10入り」を目標に掲げるエディ・ジャパンにとって、勝敗は問題ではなかった。UAE戦ではSH内田啓介、CTB中村亮土ら出番の少なかった若手の成長度を見極めつつ、30歳超で初招集した霜村誠一、クレイグ・ウィングも起用。ひとつの試合に多くのテーマを盛り込みながら、菊谷崇、大野均ら大黒柱をメンバーに残すなど、戦う姿勢に隙は作らない。

 この4試合では、20歳の福岡堅樹、19歳の藤田慶和という新世代トライゲッターら若手に経験を積ませながら、大会総失点8は6年間で最少だった。これもチームのスタンダードを落とさなかったことの成果だ。

 何しろ、今春の日程はタフだ。6月には12年ぶりに来日するウェールズと2連戦。その前後には5月25日から始まるパシフィックネーションズ杯でトンガ、フィジー、カナダ、米国と連戦する。

「5週間で6テスト。こんなことは世界中、どこの国もやらないでしょう。ただ我々は、W杯でもそういう日程になる」

アジア1位で出場の場合、強豪と中3日での対戦が続く厳しい日程。

 そうエディが予想していた通り、5月2日に発表された'15年W杯の日程では、アジア1位には最初の南アフリカ戦から次のスコットランド戦まで中3日という、厳しいスケジュールが課された。

「まずは予選を突破することだけど、W杯で強い相手から順番に戦えるのは本当にエキサイティングだ。必要なのはタフになること。我々は2015年までに、ベストのメンバーが中3日で2試合を戦えるチームを作らなければならない」

 アジア5カ国対抗ではCTBマレ・サウ、FLマイケル・ブロードハーストら外国人選手も積極的に起用。ウェールズに勝ち、世界のトップ10に入るという目標達成のためには、1試合もムダにしないという決意がにじむ。そこに、6月はスーパーラグビーで武者修行を続ける田中史朗、堀江翔太、マイケル・リーチも合流する。6月、エディ・ジャパンはどんな到達点を見せてくれるのだろう。

関連コラム

ページトップ