Jリーグ万歳!BACK NUMBER

大迫勇也と柴崎岳が描く成長曲線。
鹿島が誇る逸材が代表に君臨する日。  

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/12/08 08:01

大迫勇也と柴崎岳が描く成長曲線。鹿島が誇る逸材が代表に君臨する日。 <Number Web> photograph by Toshiya Kondo

22歳の大迫(写真左)と20歳の柴崎。2人とも、ほぼ全試合に近い出場でシーズンを通して活躍。2連覇となったナビスコ杯では、昨年は大迫が、今年は柴崎がMVPを獲得した。

 J1最終節の鹿島アントラーズvs.柏レイソル、試合後の記者会見で鹿島の指揮官ジョルジーニョ監督は、サポーターへの感謝、そして志半ばでチームを去らなければならない無念さを、寂しげな表情で何度も口にした。しかしその途中、この日2得点を記録した大迫勇也についての意見を求められると、彼は表情を変えてこう断言した。

「まず、皆さんがもっと強調してもいいと思うのは、彼が将来、日本代表のセンターFWになるということ。それは間違いないことです」

 その理由をいくつか連ねた後で、こう続ける。

「今のアントラーズには、おそらく2人、(将来的に)日本代表に君臨する選手がいます」

 2人とはもちろん、大迫勇也と柴崎岳である。

 ジョルジーニョがメディアに対して「もっと強調してもいい」と言ったからではないが、確かに今の2人には、「近い将来の日本代表を担う選手である」と断言したくなるほどの魅力がある。個人的にはむしろ、もし「日本代表を担う」タイミングが“今”であっても早すぎることはないとさえ思う。

ロンドン五輪代表から落選後、聞こえ始めた「大迫“確変”」の声。

 日頃から鹿島を中心に取材しているわけではないから、そのきっかけがいつ、どういう形で訪れたのかは分からない。しかし今季の大迫が、ロンドン五輪メンバーからの“落選後”に目に見えて大きな変化を遂げたのは明らかだった。

 ロンドン五輪に臨む最終メンバー18名が発表されたのは7月2日。しかしそのリストに、大迫の名前はなかった。

「間違った選択」

 この決定を受けて、ジョルジーニョは“親友”である五輪代表の関塚隆監督を迷わず批判した。コメントを求められた大迫は「五輪のことは忘れた」「僕はここで頑張るしかない」と落胆の色を隠せなかったが、しかしその後のピッチで見せたパフォーマンスからネガティブなオーラは感じられなかった。

 リーグ戦に関して言えば、それまでの16試合では15試合に出場して3得点。以降の18試合では17試合に出場して6得点。飛躍的に増えたアシスト数も含めて考えれば、その変化は明らかだった。「大迫が“確変”した」という言葉は、次第にあちこちから聞こえ始めた。

 それでもまだ疑いの目を向けざるを得なかったことには、理由がある。

【次ページ】 選手が急激な成長曲線を描き始めるきっかけとは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
鹿島アントラーズ
大迫勇也
柴崎岳
ジョルジーニョ

ページトップ