ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

<五輪代表連続インタビュー#5> DF・鈴木大輔 「チームで絶対的な存在になる」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/01/27 10:31

<五輪代表連続インタビュー#5> DF・鈴木大輔 「チームで絶対的な存在になる」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

「(ホームで1失点していて)シリアにはやられているので、そこはしっかり抑えたい。残り3試合は全勝のつもり」と、2月5日のアウェーでのシリア戦を最重要視し、なおかつ残り全試合で勝利宣言をしている鈴木大輔

鈴木大輔にとっての2011年は、アルビレックス新潟でのレギュラー定着、ロンドン五輪の出場権獲得を目指すU-22日本代表のセンターバックとして最終予選を戦うなど、選手として頭角を現したシーズンだった。そこまで彼を押し上げたものは何だったのか。2012年を「勝負の年」と位置づける鈴木が見つめる先とは……。

――昨年はチームで24試合に出場し、手応えを感じたシーズンだったのでは?

「結果だけ見るとそうかもしれないですけど、課題ばっかりですね。内容を見るとまだまだ絶対的なレベルではないですし、DFをやっていると何かしら失点にからんでしまうことが多いので、なかなか100%満足することはないです」

――100%満足できないというのは?

「今のサッカーで失点をゼロに押さえるのは非常に難しい。たとえば、3-0で勝っている試合で、その後1点取られて3-1で勝ったとしても、DFからすると1点余計だったなって思うんです。DFは常に失点ゼロを目指しているんですけど、うちのチームは勝っていてロスタイムに点を決められたり、いらない失点が多かった。だから100%満足することはほとんどなかったですね」

昨年は、守備が完全に崩れてしまった試合があった……。

――2011年を振り返って、収穫と課題を挙げると?

「試合にコンスタントに出て、そのことで代表でも自信を持ってプレーできるようになったのは大きかった。プレーの部分では、対人の部分とかシュートブロックは十分通用したし、粘り強い守備はシーズンを通してやれたと思います。課題はたくさんありますね(苦笑)。昨年で言うと、大敗するゲームが多くて、守備が完全に崩れてしまった試合があった。そうならないように、ゲームのなかでもっと修正できるようになればいいなと思ったし、プレーでは守備から攻撃に転じたときのパスの精度ですね。パスカットしたボールを早く前線につなげようと思って出したパスをミスして、相手のカウンターを喰らったり……。そこのパスの精度を修正していかないといけないし、代表では、個人との勝負にやられて失点した場面があったので、そういう部分を課題として突きつけられたのが、昨年の収穫ですね」

――課題が見つかったのが収穫ということ?

「そう思ってがんばっていかないと成長できないですから」

 ロンドン五輪を目指すU-22日本代表では、センターバックのレギュラーとして守備の中核を担った。だが、最終予選前までは、エジプト戦もそうだったように、開始早々に失点するなど不安定さが目についた。

【次ページ】 なぜマレーシア戦で守備力が急に向上したのか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
鈴木大輔
アルビレックス新潟
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ