ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

<五輪代表連続インタビュー#6> MF・東慶悟 「彼らを生かしながら自分も生きる」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/02/03 10:30

<五輪代表連続インタビュー#6> MF・東慶悟 「彼らを生かしながら自分も生きる」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

大分トリニータ時代の2009年にJ2へ降格した経験を持つ東慶悟。昨年は所属する大宮アルディージャがJ1降格の危機にも見舞われたが、U-22日本代表での活躍ぶりをそのまま持ち帰ったかのような東の獅子奮迅の活躍で、13位でシーズンを終えている

東慶悟は昨シーズン、大宮アルディージャで27試合出場8得点の結果を残し、J1残留の立役者のひとりになった。ロンドン五輪を目指すU-22日本代表でも最終予選3試合に全て出場。2得点と大活躍し、グループCで首位を走る
チームに大きな貢献を果たした。

――大宮ではリーグ戦8得点、代表でも最終予選で2得点。ゴールへの意識が以前よりも高くなってきた感じはある?

「それは間違いなくありますね。試合に出たら点を取りたいと思うようになりましたし、点を取ることでさらに点を取りたいという気持ちが強くなった。昨年はチームで8点取りましたけど、今年は10点以上を目指していきたいです」

――チームではクウェート戦直後のゴールが印象的だったけど、代表での2得点はいずれも貴重なゴールだった。

マレーシア戦でゴールを決めて喜ぶ東に、アシストした清武が駆け寄る

「バーレーン戦のは(山田)直輝君のごっつぁんゴールだったんですけど、2点目が大きな意味を持つと思っていたので、チームの勝利のために貢献できて良かったです。マレーシア戦のゴールは、(清武)弘嗣君からいいタイミングでボールをもらえて決めることができた。あのゴールはけっこうイメージ通りというか、理想的でしたね。相手を崩して、うまくチームメイトとからんでのゴールはすごく気持ちいいですし、これからも狙っていきたいです。そういう攻撃ができれば相手の脅威になると思うし、もっと点も決められると思うので」

アウェーで勝つにはどうすれば良いかを、全員で考えた。

――最終予選に入る前、チームとしての最大の課題をどう捉えていた?

「アウェーでの戦い方ですね。2次予選のアウェーのクウェートに負けたことが、みんなの記憶のなかに残っていたと思うし、暑さと厳しいコンディションのなかで戦うのがアウェーなんだというのを理解したと思う。あの敗戦を生かしてアウェーで勝つにはどうしたらいいのか。それをみんなで考えてやっていこうと思っていました」

【次ページ】 シンプルなプレーを心がけ、守備の意識の向上を図る。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
東慶悟
大宮アルディージャ
ロンドン五輪
五輪男子サッカー

ページトップ