フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

小塚崇彦と高橋大輔がNHK杯で激突!!
新旧の日本王者対決を制するのは? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/Atsushi Hashimoto

posted2011/11/10 10:30

小塚崇彦と高橋大輔がNHK杯で激突!!新旧の日本王者対決を制するのは?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/Atsushi Hashimoto

過去GPシリーズで3回優勝している小塚(右)と6回優勝している高橋。昨シーズンは、小塚がGP中国とGPエリック杯を制し、高橋はGPスケートアメリカとGPNHK杯を制している

 今季のGPシリーズの男子シングルは、混戦の模様を示している。

 パトリック・チャンのスケートカナダ優勝、ジェレミー・アボットの中国杯優勝あたりは、まだ予想範囲内だった。

 だがスケートアメリカで優勝したミハル・ブレジナ、スケートカナダ2位のハビエル・フェルナンデス、中国杯3位のソン・ナンなど、よほど詳しいスケートファンではない限り、「それ、誰?」と聞きたくなるようなメダリストの顔ぶれとなった。

 そんな中で日本男子は、小塚崇彦スケートアメリカ3位、高橋大輔スケートカナダ3位、織田信成中国杯2位というスタートをきった。若手の羽生結弦は惜しいところで中国杯4位となったが、とりあえずトップ3人は全員表彰台にあがり面目は保った。

 これを「まあまあのスタート」と言うべきか。

「不調なスタート」と言うべきだろうか。

目先の勝利よりも3月の世界選手権にかけるべきだが……。

 選手たちの実力、実績を考えるなら、これだけの選手が揃っていたのだから誰も優勝できなかったのは不調と言うべきだろう。

 だが誤解をおそれずに言うと、GPシリーズは絶対に勝たなくてはならない試合ではない。

 シーズンの最終目標は3月の世界選手権で、そこを目指して徐々に調整をしていけばいいのだ。

 2008年/2009年シーズン、エヴァン・ライサチェクはGPシリーズ2試合とも3位でGPファイナルに到達しなかった。その分、トレーニングに時間を費やして、3月に初の世界タイトルを勝ち取り、1年後には五輪で金を手にしたのである。

 小塚、高橋、織田の3人とも、過去に一度以上GP大会のタイトルは手にしている。今さら目先の勝利を追うよりも、シーズン全体を長期的に見て、調整をしていくほうが大切だ。

 とは言ってはみたものの、3試合でまだ一度も日本の選手が男女とも優勝していないのは物足りなく、気分的に盛り上がらないのもまた事実だ。

【次ページ】 NHK杯で小塚と高橋の新旧全日本王者対決が実現!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
高橋大輔(フィギュア)
小塚崇彦
織田信成
トマーシュ・ベルネル
ブランドン・ムロズ

ページトップ