リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

ロンドン五輪金メダルの大本命!
欧州王者に輝いた若きスペイン代表。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2011/06/29 10:30

ロンドン五輪金メダルの大本命!欧州王者に輝いた若きスペイン代表。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

決勝戦のマン・オブ・ザ・マッチは40メートルFKを決めたチアゴに。この選手権での五輪出場枠は、開催国のイギリスを除くと3枠あり、優勝したスペイン、2位スイス、3位ベラルーシが獲得している

 ロンドン五輪出場権3枠を懸けて行なわれたU-21欧州選手権。

 スペインは決勝でスイスを2-0で破り、欧州王者として、シドニー大会以来となる五輪出場権を獲得した。

 今大会のスペインは試合を経るごとに成長していった。メンバーを見れば、ほとんどの選手が1部リーグでレギュラーとして活躍し、主将ハビ・マルティネスとマタは昨年の南アフリカW杯優勝メンバーにもなっている。

 バルセロナで台頭著しいチアゴ・アルカンタラ、18歳にしてビルバオでレギュラーとなったイケル・ムニアインは、U-19からの“飛び級”ながら、レギュラーの座を勝ち取った。そんな彼らの影に隠れてしまっているが、予選ではボージャン、カナーレスらがチームを牽引した。

A代表さながらのパスサッカーも守備を固めた相手には通用しない。

 これら豊富なタレントを擁するスペインは優勝候補の本命として今大会に臨んだ。しかし、実際のところ、ルイス・ミジャ監督率いるタレント集団は、大会直前まで、ロンドンへの切符を絶対に勝ち取ることができると思わせるための決め手を欠いていた。

 中盤の底に陣取るハビ・マルティネスとチアゴ、アンデル、マタらを軸に周囲の選手が連動し、どんな相手に対しても素早いパス回しでボールを保持しながら攻撃できるプレースタイルは確立されていた。だが、スペインA代表のパスサッカーに対して相手チームがまずは自陣で守備を固めることを優先するように、U-21スペイン代表と対戦するライバルもまた、自陣での守備を最優先した。

 そんな相手に対し、スペインは試合中盤から終盤にかけて自らリズムを崩すことが多かった。

 長時間に渡って相手陣内で試合を展開するものの、ペナルティエリア手前からの突破口を開けずにいると、サイドからの強引な突破や、早々に前線へとボールを放り込むプレーが頻発。守備を固めた相手にとってはより守り易い状況を生み出し、逆にボールを素早く動かすことに長けているからこそ代表に選出されている選手たちの長所を自らの手で消すことにつながっていた。

【次ページ】 主導権を握っても最後に自滅するのは“若さ”ゆえか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ハビ・マルティネス
イケル・ムニアイン
ルイス・ミジャ
ジェフレン・スアレス
チアゴ・アルカンタラ
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ