NumberEYESBACK NUMBER

コパ・アメリカ開幕直前、
「3強」の自信と不安。
~南米からの最新情報~ 

text by

藤坂ガルシア千鶴

藤坂ガルシア千鶴Chizuru de Garcia

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/06/30 06:01

コパ・アメリカ開幕直前、「3強」の自信と不安。~南米からの最新情報~<Number Web> photograph by AFLO

バティスタ監督(中央)とメッシ(左)がアルゼンチンのカギを握る

「理想的な決勝のカードはアルゼンチン対ウルグアイ」――。昨年のワールドカップにも出場したウルグアイのGKムスレラの言葉は、今回のコパ・アメリカ(7月1日開幕)に対する南米メディアやファンの考えを代表している。

 2年連続してFIFA最優秀選手に輝いたメッシを擁し、24年ぶりの自国開催でタイトル奪回を試みるアルゼンチンと、昨年のワールドカップで4位という好成績を残したメンバーがほぼそのまま残っているウルグアイ。この両国がファイナルで顔を合わせるだろうという見方は、最も現実的だろう。

 ただ、ホスト国のアルゼンチンには問題もある。マラドーナの後を継いだバティスタ監督が、メッシ中心の攻撃を構成しようと試行錯誤を繰り返したが、未だに納得の行く答えを出せていないのだ。

各年代で好成績を挙げ、国全体が上昇気流に乗るウルグアイ。

 バティスタ監督は、ファンとメディアからの強いプレッシャーにより「今のところ不要」としてきたテベスをメンバーに招集。しかし、右サイドにメッシ、左サイドにディマリア、トップにイグアインを置くというバティスタ構想では、テベスの存在はどうしても浮いてしまう。

 華麗な攻撃陣を揃えながらも、個々の能力とユニットの効果を最大限に活かすことができなければ意味はない。国内の著名な記者たちからは、多彩なパターンを準備せず、メッシ絶対主義に走るバティスタ監督のやり方に警告する声も出ている。

 また、正GKとされているリバープレートのカリーソが国内リーグで自身のミスから失点を連発していることも不安に拍車をかけている。

 このように、チームとしての完成度がまだまだ乏しいアルゼンチンと違い、組織としての団結力が非常に高いのがウルグアイだ。

 ウルグアイは、昨年のワールドカップで好成績を残しただけでなく、ユース代表も今年のU-20南米選手権で2位となってロンドン五輪の出場権を獲得。クラブでは国内の名門ペニャロールが、リベルタドーレス杯で、ウルグアイ勢としては23年ぶりに決勝進出し、国全体が上昇気流に乗っている。

【次ページ】 22人中6人が国内組の“新生”ブラジルへの注目度。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
リオネル・メッシ
セルヒオ・バティスタ
ディエゴ・フォルラン
オスカル・タバレス
コパ・アメリカ

ページトップ