Sports Graphic NumberBACK NUMBER

稲葉篤紀 「日本シリーズは苦しかった」 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

posted2006/11/09 00:00

SPECIAL FEATURES

[MVPインタビュー]稲葉篤紀 「日本シリーズは苦しかった」

石田雄太=文

text by Yuta Ishida

 オレ、持ってるわ──マンガのような劇的な展開に思わずそう言ったのは新庄剛志だったが、持っていたのは新庄だけではなかった。日本シリーズにおける稲葉篤紀も、何かを持っている。そうでなければこんな偶然、あろうはずがない。稲葉はヤクルト時代を含めて日本シリーズに4回出場し、4回とも日本一になった。しかもその4回がすべて4勝1敗で、4回とも本拠地での胴上げだったのである。5番の稲葉が打席に立つたびに、札幌ドームは飛び跳ねる観客で揺れ続けた。

 「海の中で波に揺られているような……赤い波の中にいるような感じでしたね。僕は、日本一を何度も経験してるって周りから言われてましたから、プレッシャーはありました。それを自分なりに克服していかなくちゃいけないって……だから、苦しかったんです」

 ドラゴンズのエース、川上憲伸と対峙した第1戦。稲葉は川上の外カット(外角いっぱいのカットボール)に苦しみ、ノーヒットのまま4打席目を迎えた。しかしこの打席で、稲葉は外カットをうまくレフト前に運んだ。

 「あそこでヒットが一本出たことで、気持ちは楽になりましたね。最終打席でヒットが出ましたから、そのおかげで余計なプレッシャーを考えることなく、うまく切り替えて次の試合に集中しようと思えましたから。内心はドキドキだったんですよ。僕があたふたしてしまうと、周りから『稲葉さん、日本一を経験してんじゃないの』って思われるんで、凡打しても堂々としていようと思ってました」

 このヒットでプレッシャーから解き放たれたからか、第3戦でダメ押しの3ラン、第4戦は中押しの2点タイムリーツーベースを放つなど、稲葉は日本シリーズの5試合で17打数6安打、ホームラン2本、7打点、.353と打ちまくった。そして、森本稀哲、フェルナンド・セギノールらと争っていたシリーズMVPを決定づけたのは、第5戦の8回裏に放ったダメ押しのホームランだった。

 実はこの第5戦、稲葉はステップの仕方を変えている。第4戦まではオープン気味に構えた右足をそのまま高く上げて打っていたのだが、この第5戦では、右足を摺り足のように使って、足を上げずに打っていたのである。

 「いつもは右足を上げるんですけど、今日は相手が川上だったので、摺り足にしました」

 今年の5月9日、交流戦で川上と対戦した稲葉は、札幌ドームのバックスクリーンへホームランを放っている。そのときの稲葉は右足を摺り足にして、足を上げずに打っていた。

 「だから摺り足にしてみたんですけど、どうもタイミングが合わなかった。8回、(川上から久本祐一に代わった)最後の打席も3球目までは摺り足にしていたんですけど、タイミングが合わなかったので、もう一度足を上げて打ってみようと切り替えられたんです。それで2-2からのインコースのまっすぐをファウルしたんですけど、あのファウルでタイミングを掴めて、『あっ、これでこの打席は打てそうだな』という気持ちになれました」

 稲葉は3球目までは摺り足だったと言っていたが、実際は久本が投じた初球、ボール球のまっすぐを見送ったところまでが摺り足で、2球目からは足を高く上げている。そして2-2からのファウルのあとはアストロビジョンに映る自らのフォームを確認して、舌舐めずりをしていた。すでにその直後に放つホームランを予感していたかのように──。

 「最近、“エロ爽やか”路線を目指せって言われてるんです(苦笑)。30過ぎて爽やかっていうのも恥ずかしいし、だったら今流行の“エロかっこいい” じゃないけど、プレーもルックスも、“エロ爽やか”でいけたらと(笑)。そのためには、まず一生懸命にやることでしょう。僕は全力疾走をモットーにしていますから、それを常に見せること。変な色気を出すんじゃなくて、常に全力で泥臭いプレーをすることが、プレイヤーとしての色気につながるんだと思いますよ」

ページトップ