#623
SCORE CARD

引退を延期して魅せた、“揺れるキック”で戴冠。

2009/03/08

 「1年引退を延ばした甲斐がありました」

 国内シーズンの締め括りとなる日本選手権で優勝したNECのSO岡野清紀は、照れくさそうに笑った。昨季は同じ日本選手権の準決勝で神戸製鋼に敗れ「悔しさ、もやもや感が残った」ことで現役続行を決意したラストイヤーだったが、同じポジションにはライバルとして現役南アフリカ代表のヤコ・ファンデルヴェストハイゼンが加入。世界最高のSOの華麗なランニングプレーがラグビーファンを魅了した。

 一方、岡野は茨城東高時代はオール茨城にも縁のなかった無名のSO。しかしそのロケットキックを見た者は誰もが「あの10番は?」と記憶に留めたはず。今季の日本選手権で3試合すべてに先発したのも、ヤコの負傷で繰り上がったと見られがちだが、一撃で敵陣深く入る岡野のロングキックと頑健なタックル、迷いないプレー選択が「DFで試合を組み立てるNECのスタイルを徹底してくれた」と箕内拓郎主将も絶賛した。マイクロソフト杯の初戦敗退から蘇ったNECの象徴だ。

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Shinsuke Ida
前記事 次記事