#623

記事を
ブックマークする

角界の有望新人諸君へ。負けて当然、焦りは禁物。

2009/03/08

 打倒朝青龍! 目指すは横綱! 大いなる野望に胸躍らせ、初場所から春場所にかけて、多くの若者たちが相撲界の門を叩いた。角界への入門はいつでも可能だが、学校の卒業シーズンと重なる春場所は、入門者数も断トツで別名“就職場所”とも呼ばれている。注目は大学や高校相撲で活躍した関取予備軍だ。数年前、幕下付け出し資格が厳格化し、今回幕下15枚目格付け出し特権が認められたのは、昨年学生横綱に輝いた近大出身の吐合のみ。その他全ては前相撲からスタートという茨の道を歩む。しかし、そこから抜け出しそうな有望新人も目白押しなのだ。中でも境川部屋に入門した澤井豪太郎は大物と呼び声高い。高校卒業前に一足早く初場所初土俵。出世披露も果たし、早くも春場所の番付表(序ノ口)に四股名が載った。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

前記事 次記事