#1081
巻頭特集

記事を
ブックマークする

「今はどんな相手にも勝てる」山本智大(28)はいかに“世界で3本指”に入るのリベロになったか?<“ディグの神”と2つの試み>

2023/09/22
絶望的なピンチでも、拾う、拾う。そして、笑う――。ネーションズリーグではベストディガー賞に輝き、強気の姿勢で日本のピンチを救った171cmの守護神が1年前に身に付けた「世界一のリベロ」への極意とは。

 決して過信などではない。確かな実力に裏打ちされた自信が、日本の守護神をさらなる高みへ押し上げつつある。

「いまはどんな相手とやっても勝てるって思えるんですよ。なぜそんな風に思えるのか、自分でも理由は分かりませんが」

 山本智大、28歳。日本代表を束ねるフィリップ・ブラン監督から全幅の信頼を寄せられてきた不動のリベロが現在の心境をこう明かす。

 初の銅メダル獲得という快挙を成し遂げたネーションズリーグはその好例だろう。昨年の世界選手権を制した強豪イタリアとの3位決定戦に臨む際、山本の自信は少しも揺るがなかったという。自分たちは勝てるはずだ。いや、必ず勝てると。

「実のところ、ポーランドとの準決勝でも僕自身はイケると思っていましたからね。結局、負けてしまいましたが」

ネーションズリーグの決勝ラウンドでは1試合平均11.67本のディグを成功させチームを救った FIVB
ネーションズリーグの決勝ラウンドでは1試合平均11.67本のディグを成功させチームを救った FIVB

 もはや、どんな相手も恐れない。それはファイナルラウンド初戦で強豪フランスと互角に渡り合った昨年の世界選手権当時にはなかった感覚だという。つまりは、この1年で心境が大きく変わったわけだ。いったい、何があったのか。その背景を探っていくと、山本が別世界の住人と化した秘密に突き当たる。

「ディグ」にトライして「あれ?全部見えるじゃん」

「昨年の世界選手権が終わったあとくらいからですね。ちょっとトライしてみるか、と思ったのは」

 現在では「ディグ」と呼ばれるスパイクレシーブの新たな試みのことだ。ポイントは2つ。1つは動きを止めてから、相手の攻撃に反応することにあった。果たして、そこに狙いがあったのか。

「もちろん、動きながらでもボールは拾えます。ただ、相手に速いスパイクを打たれた時により速く感じてしまって、ミスにつながりやすい。そこで1回止まってみようと思ったんです。それで拾えなかったら、また考えればいいと。そう割り切ってトライしたら、意外とフィットしたんですよ。あれ? 全部見えるじゃんと」

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Asami Enomoto

0

0

0

前記事 次記事