#1077
巻頭特集

記事を
ブックマークする

「気づけば負けている。あの怖さが…」2011年秋、燕は落合竜に背中を追われた[小川監督&選手の悔いとは?]

2023/07/21
'11年CSファイナルでのベンチ
たった1人の去就が、組織を大きく変えることがある。2011年シーズン、落合博満監督の退任報道によって、2位・中日は覚醒した。追われる立場のヤクルト戦士は、逆転優勝を許すまでの過程で、何を感じていたのか。

 2011年11月6日、時刻は夜11時を過ぎようとしていた。名古屋市内のホテルの宴会場。戦いを終え宿舎に戻ってきた選手たちを前に、東京ヤクルトスワローズ監督の小川淳司が口を開いた。

「本当に……申し訳ない……」

 それきり言葉が続かない。指揮官の頬を涙が流れ落ち、やがて嗚咽となった。選手たちはユニフォーム姿のまま、ある者は首を垂れ、ある者は目を赤くして宙を見つめている。長く、重い沈黙。シーズン最後のミーティングは、数分のうちに終わった。

 その数時間前、チームはナゴヤドームで中日に1-2で敗れ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ敗退が決まった。5月31日から首位を快走し、手中にしかけた優勝を最後に中日に攫われた。雪辱を期したCSでも敗れ、残ったのは「セ・リーグ2位」という現実。3月に東日本大震災が発生し、開幕延期、延長戦での「3時間半ルール」など異例ずくめだった長いシーズンは、虚脱感と共に終わりを迎えた。

ヤクルトは第2、3戦を制して五分に持ち込んだものの、第4、5戦と連敗し、力尽きた KYODO
ヤクルトは第2、3戦を制して五分に持ち込んだものの、第4、5戦と連敗し、力尽きた KYODO

 当時を小川が振り返る。

「選手たちの頑張りに対して、責任を感じていたし、本当に申し訳ないという思いが溢れてしまってね。今でもやっぱり悔しいですよ。振り返ればチームとしての地力がなかった。それは監督の俺に力量がなかったということでもある。あとはやっぱり、落合さんの退任……あれが大きかったよね」

 CS敗退の45日前、9月22日のことだ。首位・ヤクルトは、4.5ゲーム差をつける2位・中日との直接対決のため、敵地・ナゴヤドームに乗り込んでいた。変則日程の4連戦で初戦から3連勝すれば優勝への「マジック15」が点灯する可能性がある。大一番に備える試合前練習中に、そのニュースは飛び込んできた。

全ての写真を見る -1枚-
会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by KYODO
前記事 次記事