#814

記事を
ブックマークする

日馬富士の横綱昇進で 白鵬はふたたび輝くか。 ~綱を張って5年、心機一転の時~

2012/10/23
奉納土俵入りで不知火型を披露する日馬富士。全日本力士選士権でも4度目の優勝を飾った。

 相撲界待望の第70代横綱は、またもや草原の国「モンゴル」から生まれた。

 朝青龍の電撃引退から約2年半。白鵬がひとり横綱としてその重責を背負っていたが、朝青龍の弟分である日馬富士が、「3度目の正直」で綱を手中にした。

 幕内力士の平均体重が160kgを超えるなか、チェコ出身の隆の山に次ぐ133kgの軽量力士、「小兵横綱」の誕生だ。ちょうど1年前、2度目の綱取り失敗後から、専門トレーナーをつけての筋力トレーニングで、肉体改造に着手した。「パワー(圧力)はスピード×体重だから」と口ぐせのように話す日馬富士は、昇進場所前に5kg増量。持ち前のスピードに、体重増加分のパワーが備わったのが功を奏したようだ。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by KYODO
前記事 次記事