記事に戻る

3バックは本当に復活するのか?ザッケローニの次なる一手に注目。

内田は長友ほど前目には上がらず、ウィングバックとサイドバックの中間のようなポジションをとっていた。だがその内田にしても、後半はカウンターを開始する位置とタイミングが前半より大きく改善された

  • 「(日本代表チームは)アジア杯で優勝しましたが、これは到達点ではありません。私の使命は日本サッカーの成長です。2014年のW杯ブラジル大会では世界のトップを争う実力のあるチームとして戦いたい」と2月21日には発言しているザッケローニ監督 / photograph by Takuya Sugiyama
  • 内田は長友ほど前目には上がらず、ウィングバックとサイドバックの中間のようなポジションをとっていた。だがその内田にしても、後半はカウンターを開始する位置とタイミングが前半より大きく改善された

ページトップ