記事に戻る

“ご意見番”武蔵丸が本音で語る「なぜ貴景勝は15日間で5回も出血したのか?」「十両優勝の朝乃山だが…このままだと幕内では難しいぞ」

大相撲初場所で12勝3敗、13場所ぶり3度目の優勝を飾った大関・貴景勝。写真は13日目、阿武咲を押し出しで下した / photograph by JIJI PRESS 13日目、阿武咲との一番で流血したまま勝ち名乗りを受ける貴景勝 ©JIJI PRESS パパになっていたことを明かした貴景勝。優勝後に長男をお披露目した ©JIJI PRESS 千秋楽、阿武咲(左)は豊昇龍のまげをつかんで反則負け ©JIJI PRESS 写真は2011年の全国中学校体育大会、相撲個人戦。優勝したのが佐藤貴信(貴景勝、写真中央)、準優勝が打越奎也(阿武咲、写真後列左)だった ©AFLO 十両に復帰して優勝した朝乃山。6場所の出場停止処分を受け、三段目から出直してきた ©JIJI PRESS 2015年、序二段優勝の佐藤(当時18歳、現・貴景勝) ©JIJI PRESS 2014年、大相撲の新弟子検査を終え、ガッツポーズする佐藤貴信(当時18歳、現・貴景勝) ©JIJI PRESS パパになっていたことを明かした貴景勝。優勝後に長男をお披露目した ©JIJI PRESS パパになっていたことを明かした貴景勝。優勝後に長男をお披露目した ©JIJI PRESS 優勝パレードに出発する貴景勝。左は隆の勝 ©JIJI PRESS

13日目、阿武咲との一番で流血したまま勝ち名乗りを受ける貴景勝 ©JIJI PRESS

大相撲初場所で12勝3敗、13場所ぶり3度目の優勝を飾った大関・貴景勝。写真は13日目、阿武咲を押し出しで下した / photograph by JIJI PRESS 13日目、阿武咲との一番で流血したまま勝ち名乗りを受ける貴景勝 ©JIJI PRESS パパになっていたことを明かした貴景勝。優勝後に長男をお披露目した ©JIJI PRESS 千秋楽、阿武咲(左)は豊昇龍のまげをつかんで反則負け ©JIJI PRESS 写真は2011年の全国中学校体育大会、相撲個人戦。優勝したのが佐藤貴信(貴景勝、写真中央)、準優勝が打越奎也(阿武咲、写真後列左)だった ©AFLO 十両に復帰して優勝した朝乃山。6場所の出場停止処分を受け、三段目から出直してきた ©JIJI PRESS 2015年、序二段優勝の佐藤(当時18歳、現・貴景勝) ©JIJI PRESS 2014年、大相撲の新弟子検査を終え、ガッツポーズする佐藤貴信(当時18歳、現・貴景勝) ©JIJI PRESS パパになっていたことを明かした貴景勝。優勝後に長男をお披露目した ©JIJI PRESS パパになっていたことを明かした貴景勝。優勝後に長男をお披露目した ©JIJI PRESS 優勝パレードに出発する貴景勝。左は隆の勝 ©JIJI PRESS

ページトップ