記事に戻る

常連組に気後れして“お客さん”のような立ち位置に…谷口彰悟がいま明かす代表初招集時の苦い記憶「日本代表の重みを理解していなかった」

2015年6月のイラク戦で日本代表初出場を飾ったプロ2年目の谷口彰悟(当時23歳)。しかし、ここから代表に定着することはできなかった / photograph by Takuya Sugiyama ジェジエウの決勝点が決まった直後、ピッチに倒れ込んで拳を突き上げる ©AFLO SPORT ©KAWASAKI FRONTALE 全試合フルタイム出場を果たした2015年の谷口彰悟 ©Kiichi Matsumoto 代表初キャップを刻んだ2015年6月のイラク戦 ©Takuya Sugiyama 2021年6月、日本代表の一員としてトレーニングする様子 ©Koji Watanabe/Getty Images

2015年6月のイラク戦で日本代表初出場を飾ったプロ2年目の谷口彰悟(当時23歳)。しかし、ここから代表に定着することはできなかった(photograph by Takuya Sugiyama)

2015年6月のイラク戦で日本代表初出場を飾ったプロ2年目の谷口彰悟(当時23歳)。しかし、ここから代表に定着することはできなかった / photograph by Takuya Sugiyama ジェジエウの決勝点が決まった直後、ピッチに倒れ込んで拳を突き上げる ©AFLO SPORT ©KAWASAKI FRONTALE 全試合フルタイム出場を果たした2015年の谷口彰悟 ©Kiichi Matsumoto 代表初キャップを刻んだ2015年6月のイラク戦 ©Takuya Sugiyama 2021年6月、日本代表の一員としてトレーニングする様子 ©Koji Watanabe/Getty Images

ページトップ