記事に戻る

《追悼》タイキシャトルは日本競馬史上もっとも偉大なマイラーだった…クールな岡部幸雄が涙ながらに語った「ジャックルマロワ賞に勝てて、ほんとうに…」

24年前の1998年8月16日、ジャックルマロワ賞を制したタイキシャトル。その競走馬としての歩みを振り返ると… / photograph by NIKKAN SPORTS タイキシャトルは種牡馬をリタイアした後は認定NPO法人引退馬協会の所有馬に。会費や寄付、助成金収入を用いた馬の里親制度により馬生が支えられていた ©Daisuke Asauchi ドーヴィル競馬場でタイキシャトルの口を取る岡部と赤澤 ©AFP/AFLO ジャックルマロワ賞制覇時の一枚。一番左が藤沢 ©AFP/AFLO ジャックルマロワ賞の舞台は1600メートルの直線コース。初めてのコース設定にも対応し1着 ©AFP/AFLO ©Daisuke Asauchi 在りし日のタイキシャトル。種牡馬をリタイアした後は認定NPO法人引退馬協会の所有馬に。 ©Daisuke Asauchi 在りし日のタイキシャトル。会費や寄付、助成金収入を用いた馬の里親制度により馬生が支えられていた ©Daisuke Asauchi 在りし日のタイキシャトル。助成金収入を用いた馬の里親制度により馬生が支えられていた ©Daisuke Asauchi タイキシャトルと2001年の宝塚記念馬メイショウドトウ。寄り添うことが多く、くっつくように一緒にいる姿がよく目撃されていた courtesy of The Retired Horse Association 認定NPO法人引退馬協会のブログによると「ドトウが移動するとシャトルが後を付いていき、シャトルが移動するとドトウが後を付いていきと、仲間だという意識があるようです」というほど仲が良かったという courtesy of The Retired Horse Association 一緒にヴェルサイユファームに移動し、同じ日に去勢手術を行い、そして誕生日も2日違いと何かと共通点の多いメイショウドトウ(左)とタイキシャトル(右) courtesy of The Retired Horse Association シャトルが水を飲みにくると、ドトウがちょっかいを掛けに来て見つめ合う一幕もあったという courtesy of The Retired Horse Association 2021年6月16日、ノーザンレイクに到着した時のタイキシャトル courtesy of Northern Lake(提供:ノーザンレイク) ノーザンレイクの牧場看板猫メトと courtesy of Northern Lake(提供:ノーザンレイク) 岡部幸雄(2005年) ©Koji Asakura 岡部幸雄(1995年) ©Keiji Ishikawa 藤沢和雄 ©Takashi Shimizu 藤沢和雄 ©Takashi Shimizu 藤沢和雄 ©Keiji Ishikawa 藤沢和雄 ©Takashi Shimizu

タイキシャトルと2001年の宝塚記念馬メイショウドトウ。寄り添うことが多く、くっつくように一緒にいる姿がよく目撃されていた courtesy of The Retired Horse Association

24年前の1998年8月16日、ジャックルマロワ賞を制したタイキシャトル。その競走馬としての歩みを振り返ると… / photograph by NIKKAN SPORTS タイキシャトルは種牡馬をリタイアした後は認定NPO法人引退馬協会の所有馬に。会費や寄付、助成金収入を用いた馬の里親制度により馬生が支えられていた ©Daisuke Asauchi ドーヴィル競馬場でタイキシャトルの口を取る岡部と赤澤 ©AFP/AFLO ジャックルマロワ賞制覇時の一枚。一番左が藤沢 ©AFP/AFLO ジャックルマロワ賞の舞台は1600メートルの直線コース。初めてのコース設定にも対応し1着 ©AFP/AFLO ©Daisuke Asauchi 在りし日のタイキシャトル。種牡馬をリタイアした後は認定NPO法人引退馬協会の所有馬に。 ©Daisuke Asauchi 在りし日のタイキシャトル。会費や寄付、助成金収入を用いた馬の里親制度により馬生が支えられていた ©Daisuke Asauchi 在りし日のタイキシャトル。助成金収入を用いた馬の里親制度により馬生が支えられていた ©Daisuke Asauchi タイキシャトルと2001年の宝塚記念馬メイショウドトウ。寄り添うことが多く、くっつくように一緒にいる姿がよく目撃されていた courtesy of The Retired Horse Association 認定NPO法人引退馬協会のブログによると「ドトウが移動するとシャトルが後を付いていき、シャトルが移動するとドトウが後を付いていきと、仲間だという意識があるようです」というほど仲が良かったという courtesy of The Retired Horse Association 一緒にヴェルサイユファームに移動し、同じ日に去勢手術を行い、そして誕生日も2日違いと何かと共通点の多いメイショウドトウ(左)とタイキシャトル(右) courtesy of The Retired Horse Association シャトルが水を飲みにくると、ドトウがちょっかいを掛けに来て見つめ合う一幕もあったという courtesy of The Retired Horse Association 2021年6月16日、ノーザンレイクに到着した時のタイキシャトル courtesy of Northern Lake(提供:ノーザンレイク) ノーザンレイクの牧場看板猫メトと courtesy of Northern Lake(提供:ノーザンレイク) 岡部幸雄(2005年) ©Koji Asakura 岡部幸雄(1995年) ©Keiji Ishikawa 藤沢和雄 ©Takashi Shimizu 藤沢和雄 ©Takashi Shimizu 藤沢和雄 ©Keiji Ishikawa 藤沢和雄 ©Takashi Shimizu

ページトップ