記事に戻る

《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”

天皇賞・春を圧勝し、GI2勝目を挙げたタイトルホルダー / photograph by Photostud 天皇賞・春では圧巻の逃走劇を見せたタイトルホルダー ©Photostud 大阪杯パドックでのエフフォーリア。このレースでは持ち味を発揮できなかった ©Keiji Ishikawa ドバイゴールドカップ(GII)を制した際のステイフーリッシュ ©AFLO “競馬の祭典”日本ダービーを制したドウデュースと武豊。左は2着のイクイノックス ©Keiji Ishikawa レース後、大観衆に応える武とドウデュース ©Keiji Ishikawa 最後の直線では、武も驚くほどの爆発力を見せたドウデュース ©Keiji Ishikawa 5月22日のオークスで牝馬クラシック2冠を達成したスターズオンアース。鞍上はクリストフ・ルメール ©Keiji Ishikawa 輪乗りで他馬に顔を蹴られ、放馬したサウンドビバーチェ ©Keiji Ishikawa 15分遅れたオークスの発走の瞬間。その時すでに、メンタル面で脱落している馬も複数頭いた ©Keiji Ishikawa 5月15日のヴィクトリアマイルにて、豪快に抜け出し勝利したソダシと吉田隼人 ©Keiji Ishikawa 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(12) 約1年ぶりのレースとなったデアリングタクト 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(14) 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(15) 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(16) 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(17)

大阪杯パドックでのエフフォーリア。このレースでは持ち味を発揮できなかった ©Keiji Ishikawa

天皇賞・春を圧勝し、GI2勝目を挙げたタイトルホルダー / photograph by Photostud 天皇賞・春では圧巻の逃走劇を見せたタイトルホルダー ©Photostud 大阪杯パドックでのエフフォーリア。このレースでは持ち味を発揮できなかった ©Keiji Ishikawa ドバイゴールドカップ(GII)を制した際のステイフーリッシュ ©AFLO “競馬の祭典”日本ダービーを制したドウデュースと武豊。左は2着のイクイノックス ©Keiji Ishikawa レース後、大観衆に応える武とドウデュース ©Keiji Ishikawa 最後の直線では、武も驚くほどの爆発力を見せたドウデュース ©Keiji Ishikawa 5月22日のオークスで牝馬クラシック2冠を達成したスターズオンアース。鞍上はクリストフ・ルメール ©Keiji Ishikawa 輪乗りで他馬に顔を蹴られ、放馬したサウンドビバーチェ ©Keiji Ishikawa 15分遅れたオークスの発走の瞬間。その時すでに、メンタル面で脱落している馬も複数頭いた ©Keiji Ishikawa 5月15日のヴィクトリアマイルにて、豪快に抜け出し勝利したソダシと吉田隼人 ©Keiji Ishikawa 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(12) 約1年ぶりのレースとなったデアリングタクト 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(14) 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(15) 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(16) 《宝塚記念》エフフォーリア「復権」のカギを握るのは? ファン投票1位タイトルホルダーをおびやかす、爆発力が怖い“まさかの穴馬”(17)

ページトップ