記事に戻る

「ええ~っ」「大山はドラ2で獲れたのでは…?」ドラフト会場では悲鳴も…6年前、阪神はなぜ大山悠輔を1位で指名したのか?

2016年12月、新人選手入団発表会で。阪神・金本知憲監督(当時)とポーズを撮る大山悠輔 / photograph by Sankei Shimbun 阪神チーム最多18本塁打を放つ大山悠輔(6月22日現在) ©Kiichi Matsumoto 写真は2016年ドラフト当日(10月20日)、阪神に1位指名され、白鴎大野球部員の騎馬に乗る大山悠輔 ©Sankei Shimbun 2016年のドラフトで5球団が1位指名した田中正義(創価大)は抽選でソフトバンクへ。繰り上げ1位で5球団が指名した佐々木千隼など“投手豊作”と言われた年だった ©BUNGEISHUNJU 2016年のドラフトでは柳裕也(明治大、現中日)も中日とDeNAの2球団が1位指名した ©BUNGEISHUNJU ©Kiichi Matsumoto

写真は2016年ドラフト当日(10月20日)、阪神に1位指名され、白鴎大野球部員の騎馬に乗る大山悠輔 ©Sankei Shimbun

2016年12月、新人選手入団発表会で。阪神・金本知憲監督(当時)とポーズを撮る大山悠輔 / photograph by Sankei Shimbun 阪神チーム最多18本塁打を放つ大山悠輔(6月22日現在) ©Kiichi Matsumoto 写真は2016年ドラフト当日(10月20日)、阪神に1位指名され、白鴎大野球部員の騎馬に乗る大山悠輔 ©Sankei Shimbun 2016年のドラフトで5球団が1位指名した田中正義(創価大)は抽選でソフトバンクへ。繰り上げ1位で5球団が指名した佐々木千隼など“投手豊作”と言われた年だった ©BUNGEISHUNJU 2016年のドラフトでは柳裕也(明治大、現中日)も中日とDeNAの2球団が1位指名した ©BUNGEISHUNJU ©Kiichi Matsumoto

ページトップ