記事に戻る

「あの日、井上くんが控え室まで来てくれて…」“井上尚弥に敗れた王者”田口良一がいま明かす「引退まで、彼以上のボクサーはいなかった」

2013年8月25日、日本ライトフライ級タイトルマッチ。田口は初防衛戦の相手に井上尚弥(当時20歳)を指名。写真は前日計量での2人 / photograph by Sankei Shimbun 元WBA/IBF統一ライトフライ級チャンピオンの田口良一(35歳)。現役時代とさほど変わらない体型が印象的だ ©Soichi Hayashi Sr. 2013年8月25日、日本ライトフライ級タイトルマッチ。田口は初防衛戦の相手に井上尚弥(当時20歳)を指名。フルラウンドにもつれこんだが判定0-3で挑戦者・井上の勝利に ©AFLO 2014年12月31日、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ。田口はロッセルを判定でくだし、世界王者に。しかしその顔に笑みはなかった ©Getty Images 2018年5月20日のWBA&IBF世界ライトフライ級タイトル防衛戦(ヘッキー・ブドラー戦)も大田区体育館で。田口は9度の世界戦をこの体育館で戦った ©Getty Images 2017年度年間優秀選手表彰式(2018年2月)で。左から田口良一、村田諒太、井上尚弥、木村翔 ©AFLO

2013年8月25日、日本ライトフライ級タイトルマッチ。田口は初防衛戦の相手に井上尚弥(当時20歳)を指名。写真は前日計量での2人(photograph by Sankei Shimbun)

2013年8月25日、日本ライトフライ級タイトルマッチ。田口は初防衛戦の相手に井上尚弥(当時20歳)を指名。写真は前日計量での2人 / photograph by Sankei Shimbun 元WBA/IBF統一ライトフライ級チャンピオンの田口良一(35歳)。現役時代とさほど変わらない体型が印象的だ ©Soichi Hayashi Sr. 2013年8月25日、日本ライトフライ級タイトルマッチ。田口は初防衛戦の相手に井上尚弥(当時20歳)を指名。フルラウンドにもつれこんだが判定0-3で挑戦者・井上の勝利に ©AFLO 2014年12月31日、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ。田口はロッセルを判定でくだし、世界王者に。しかしその顔に笑みはなかった ©Getty Images 2018年5月20日のWBA&IBF世界ライトフライ級タイトル防衛戦(ヘッキー・ブドラー戦)も大田区体育館で。田口は9度の世界戦をこの体育館で戦った ©Getty Images 2017年度年間優秀選手表彰式(2018年2月)で。左から田口良一、村田諒太、井上尚弥、木村翔 ©AFLO

ページトップ