記事に戻る

トミー・ジョン手術の希望者が中高生で急増…医師が警告する“高校野球の球数制限”「医学的にもう少し厳しくすべき」

数多くのプロ野球選手が受けてきた靭帯再建術のトミー・ジョン手術。近年、中高生がこの手術を希望する事例が増えているという(写真はイメージです。本文とは関係ありません) / photograph by Hideki Sugiyama 横浜南共済病院スポーツ整形外科部長の山崎哲也医師 大谷翔平も2018年10月にトミー・ジョン手術を受けている ©Nanae Suzuki 2015年3月にトミー・ジョン手術を受けているダルビッシュ有 ©Getty Images ※写真はイメージです。本文とは関係ありません ©Hideki Sugiyama 昨年現役を引退した斎藤佑樹。2006年夏の甲子園では全7試合948球を投げている ©Takashi Shimizu

横浜南共済病院スポーツ整形外科部長の山崎哲也医師

数多くのプロ野球選手が受けてきた靭帯再建術のトミー・ジョン手術。近年、中高生がこの手術を希望する事例が増えているという(写真はイメージです。本文とは関係ありません) / photograph by Hideki Sugiyama 横浜南共済病院スポーツ整形外科部長の山崎哲也医師 大谷翔平も2018年10月にトミー・ジョン手術を受けている ©Nanae Suzuki 2015年3月にトミー・ジョン手術を受けているダルビッシュ有 ©Getty Images ※写真はイメージです。本文とは関係ありません ©Hideki Sugiyama 昨年現役を引退した斎藤佑樹。2006年夏の甲子園では全7試合948球を投げている ©Takashi Shimizu

ページトップ