記事に戻る

《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」

福永祐一とともに、2018年の日本ダービーを制したワグネリアン / photograph by Keiji Ishikawa 2018年のダービーを制した際のワグネリアン ワグネリアンは、福永祐一に初めてのダービー制覇に導いた“特別な馬”だった ©Takuya Sugiyama ダービーのレース直後、ワグネリアンの背中で涙を拭った福永祐一 ワグネリアンのダービー制覇は福永祐一、友道康夫調教師、金子真人オーナー、全員にとっての悲願だった 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(6) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(7) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(8) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(9) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(10) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(11) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(12)

2018年のダービーを制した際のワグネリアン

福永祐一とともに、2018年の日本ダービーを制したワグネリアン / photograph by Keiji Ishikawa 2018年のダービーを制した際のワグネリアン ワグネリアンは、福永祐一に初めてのダービー制覇に導いた“特別な馬”だった ©Takuya Sugiyama ダービーのレース直後、ワグネリアンの背中で涙を拭った福永祐一 ワグネリアンのダービー制覇は福永祐一、友道康夫調教師、金子真人オーナー、全員にとっての悲願だった 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(6) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(7) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(8) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(9) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(10) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(11) 《現役馬が急死》ワグネリアンの未来を奪った“内臓疾患”はなぜ競走馬にとって危険なのか?「ホースマンは常にリスクに向き合っている」(12)

ページトップ