記事に戻る

『ウマ娘』は有馬記念でのオグリキャップ“伝説のフィナーレ”をどう描いたか? 制作陣の情熱が生んだ「オグリだけのストーリー」

(左)『ウマ娘』のオグリキャップ(右)1988年の有馬記念を制した際のオグリキャップ / photograph by Cygames, Inc./KYODO 『ウマ娘』でのオグリキャップ(筆者が実際にプレーして撮影) デザインのディテールに加え、“食いしん坊”な性格も表現されている(実際にプレーして撮影) 引退式でのオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU シナリオ内ではライバルとして登場するスーパークリーク(右)とタマモクロス(筆者が実際にプレーして撮影) 有馬記念の前にオグリキャップが決意を語る場面(筆者が実際にプレーして撮影) 最後の有馬記念でのオグリキャップの走り(実際にプレーして撮影) 引退レースとなった有馬記念で優勝したオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU シニア級の有馬記念をオグリキャップで“大差をつけずに”勝利すると流れる「隠し実況」も見どころ(筆者が実際にプレーして撮影) 今でも語り継がれる伝説の引退レースは、『ウマ娘』でも感動的に再現されている(筆者が実際にプレーして撮影) 引退レースとなった90年の有馬記念 ©BUNGEISHUNJU 毛色などの細かなディテールまで忠実に再現された『ウマ娘』のオグリキャップ ©Cygames, Inc. 引退式で走るオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU 引退式に登場したオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU 最後の有馬記念に向けて決意を述べるシーン(実際にプレーして撮影) “最後の有馬記念”でタマモクロス(上)、スーパークリーク(中央)らと並び立つオグリキャップ(実際にプレーして撮影) シナリオではライバルとして登場するタマモクロス(右)と(実際にプレーして撮影) 最後の有馬記念で勝利した後のストーリー(実際にプレーして撮影) ゲーム内では“食いしん坊”キャラを再現(実際にプレーして撮影)

『ウマ娘』でのオグリキャップ(筆者が実際にプレーして撮影)

(左)『ウマ娘』のオグリキャップ(右)1988年の有馬記念を制した際のオグリキャップ / photograph by Cygames, Inc./KYODO 『ウマ娘』でのオグリキャップ(筆者が実際にプレーして撮影) デザインのディテールに加え、“食いしん坊”な性格も表現されている(実際にプレーして撮影) 引退式でのオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU シナリオ内ではライバルとして登場するスーパークリーク(右)とタマモクロス(筆者が実際にプレーして撮影) 有馬記念の前にオグリキャップが決意を語る場面(筆者が実際にプレーして撮影) 最後の有馬記念でのオグリキャップの走り(実際にプレーして撮影) 引退レースとなった有馬記念で優勝したオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU シニア級の有馬記念をオグリキャップで“大差をつけずに”勝利すると流れる「隠し実況」も見どころ(筆者が実際にプレーして撮影) 今でも語り継がれる伝説の引退レースは、『ウマ娘』でも感動的に再現されている(筆者が実際にプレーして撮影) 引退レースとなった90年の有馬記念 ©BUNGEISHUNJU 毛色などの細かなディテールまで忠実に再現された『ウマ娘』のオグリキャップ ©Cygames, Inc. 引退式で走るオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU 引退式に登場したオグリキャップ ©BUNGEISHUNJU 最後の有馬記念に向けて決意を述べるシーン(実際にプレーして撮影) “最後の有馬記念”でタマモクロス(上)、スーパークリーク(中央)らと並び立つオグリキャップ(実際にプレーして撮影) シナリオではライバルとして登場するタマモクロス(右)と(実際にプレーして撮影) 最後の有馬記念で勝利した後のストーリー(実際にプレーして撮影) ゲーム内では“食いしん坊”キャラを再現(実際にプレーして撮影)

ページトップ