記事に戻る

「生涯獲得賞金は10億超え」たった700万だったメイショウサムソンが3億超のエリート馬を破るまで

2006年の日本ダービー。粘るアドマイヤメインをかわし、余裕の勝利にも見えたメイショウサムソンの二冠達成の瞬間 / photograph by フォトチェスナット 2006年の日本ダービーを制したメイショウサムソンと石橋守騎手 ©Takuya Sugiyama 1枠2番メイショウサムソン(石橋守騎手)、3枠6番アドマイヤメイン(柴田善臣騎手)、5枠10番アドマイヤムーン(武豊騎手)、8枠17番フサイチジャンク(岩田康誠騎手) ©Takuya Sugiyama 2着のアドマイヤメインとはわずか「クビ差」だった ©Takuya Sugiyama 生真面目な“ふたり”が掴み取った日本ダービーの栄冠だった ©Takuya Sugiyama 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします 「生涯獲得賞金は10億超え」たった700万だったメイショウサムソンが3億超のエリート馬を破るまで(7) 「生涯獲得賞金は10億超え」たった700万だったメイショウサムソンが3億超のエリート馬を破るまで(8)

2006年の日本ダービー。粘るアドマイヤメインをかわし、余裕の勝利にも見えたメイショウサムソンの二冠達成の瞬間(photograph by フォトチェスナット)

2006年の日本ダービー。粘るアドマイヤメインをかわし、余裕の勝利にも見えたメイショウサムソンの二冠達成の瞬間 / photograph by フォトチェスナット 2006年の日本ダービーを制したメイショウサムソンと石橋守騎手 ©Takuya Sugiyama 1枠2番メイショウサムソン(石橋守騎手)、3枠6番アドマイヤメイン(柴田善臣騎手)、5枠10番アドマイヤムーン(武豊騎手)、8枠17番フサイチジャンク(岩田康誠騎手) ©Takuya Sugiyama 2着のアドマイヤメインとはわずか「クビ差」だった ©Takuya Sugiyama 生真面目な“ふたり”が掴み取った日本ダービーの栄冠だった ©Takuya Sugiyama 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします 「生涯獲得賞金は10億超え」たった700万だったメイショウサムソンが3億超のエリート馬を破るまで(7) 「生涯獲得賞金は10億超え」たった700万だったメイショウサムソンが3億超のエリート馬を破るまで(8)

ページトップ