記事に戻る

“父は東宝会長、母は宝塚スター”松岡修造54歳に 熱すぎる男が現役時代にこぼした弱音「このまま死んでしまいたい」

1995年のウィンブルドンで、日本人の男子選手62年ぶりとなるベスト8進出を決めた松岡修造 / photograph by AFLO サンプラス相手に1セットを先取したが、その後逆転されて敗れた ©Getty Images 修造の父、松岡功氏(当時東宝会長、撮影は1986年) ウィンブルの後の全米オープンでは、再び足の痙攣で途中棄権を余儀なくされた ©AFLO グラフと戦う伊達公子を客席から熱狂的に応援する松岡修造 ©AFLO

修造の父、松岡功氏(当時東宝会長、撮影は1986年)

1995年のウィンブルドンで、日本人の男子選手62年ぶりとなるベスト8進出を決めた松岡修造 / photograph by AFLO サンプラス相手に1セットを先取したが、その後逆転されて敗れた ©Getty Images 修造の父、松岡功氏(当時東宝会長、撮影は1986年) ウィンブルの後の全米オープンでは、再び足の痙攣で途中棄権を余儀なくされた ©AFLO グラフと戦う伊達公子を客席から熱狂的に応援する松岡修造 ©AFLO

ページトップ