記事に戻る

「できれば続けたかった」25年前のウィンブルドン、“部活出身”25歳の伊達公子が女王グラフを追い込んだ日

ちょうど25年前、25歳の伊達公子はウィンブルドンのセンターコートで絶対女王グラフを追い込んだ / photograph by Getty Images 日本人で初めてウィンブルドン準決勝に進んだ25歳の伊達公子 ©AFLO 相手の球がまだ十分に弾んでいない状態で、いち早く返球する〈ライジング打法〉が伊達の武器だった ©AFLO 伊達の素早い返球にリズムを崩されるグラフ ©AFLO 当時の伊達公子(1995年撮影) ©BUNGEISHUNJU グラフ(1991年撮影) ©BUNGEISHUNJU グラフとヒンギス ©BUNGEISHUNJU グラフ(1992年撮影) ©BUNGEISHUNJU グラフ(1991年撮影) ©BUNGEISHUNJU 伊達公子(1991年撮影) ©BUNGEISHUNJU

ちょうど25年前、25歳の伊達公子はウィンブルドンのセンターコートで絶対女王グラフを追い込んだ(photograph by Getty Images)

ちょうど25年前、25歳の伊達公子はウィンブルドンのセンターコートで絶対女王グラフを追い込んだ / photograph by Getty Images 日本人で初めてウィンブルドン準決勝に進んだ25歳の伊達公子 ©AFLO 相手の球がまだ十分に弾んでいない状態で、いち早く返球する〈ライジング打法〉が伊達の武器だった ©AFLO 伊達の素早い返球にリズムを崩されるグラフ ©AFLO 当時の伊達公子(1995年撮影) ©BUNGEISHUNJU グラフ(1991年撮影) ©BUNGEISHUNJU グラフとヒンギス ©BUNGEISHUNJU グラフ(1992年撮影) ©BUNGEISHUNJU グラフ(1991年撮影) ©BUNGEISHUNJU 伊達公子(1991年撮影) ©BUNGEISHUNJU

ページトップ