記事に戻る

柳田悠岐、栗原陵矢、森唯斗…“ドラ2”が証明するホークスの育成力 「民家の屋根を壊した」193cm新人はどうなる?

2020年ドラフト2位指名でソフトバンク入りした笹川吉康(横浜商高) / photograph by Kotaro Tajiri 昨年の日本シリーズでMVPになった栗原陵矢。2014年ドラフト2位でソフトバンク入りした ©Nanae Suzuki 鷹の守護神・森唯斗は2013年ドラフト2位指名でソフトバンク入り ©Nanae Suzuki “本家”柳田悠岐は2010年のドラフト2位。2011年~14年まで背番号44をつけていた ©Hideki Sugiyama 横浜商高時代はピッチャーも務めた笹川。写真は昨年の神奈川代替大会 ©JIJI PRESS

昨年の日本シリーズでMVPになった栗原陵矢。2014年ドラフト2位でソフトバンク入りした ©Nanae Suzuki

2020年ドラフト2位指名でソフトバンク入りした笹川吉康(横浜商高) / photograph by Kotaro Tajiri 昨年の日本シリーズでMVPになった栗原陵矢。2014年ドラフト2位でソフトバンク入りした ©Nanae Suzuki 鷹の守護神・森唯斗は2013年ドラフト2位指名でソフトバンク入り ©Nanae Suzuki “本家”柳田悠岐は2010年のドラフト2位。2011年~14年まで背番号44をつけていた ©Hideki Sugiyama 横浜商高時代はピッチャーも務めた笹川。写真は昨年の神奈川代替大会 ©JIJI PRESS

ページトップ