記事に戻る

「不謹慎かも知れないけど…」レース前の新谷仁美の姿が泣けた理由…29年ぶりの陸上「神回」を振り返る

女子10000m、日本新記録をマークして優勝し、感極まった表情の新谷仁美。東京五輪代表に内定 / photograph by KYODO 日本新記録をマークして優勝した相沢晃。2位に入った伊藤達彦(右)も従来の日本記録を上回り、名レースを演じた ©KYODO 東洋大時代の相澤晃(2019年全日本大学駅伝) ©BUNGEISHUNJU 東京国際大時代の伊藤達彦(2019年全日本大学駅伝) ©BUNGEISHUNJU 2012年の日本選手権、女子5000mで1位になった新谷仁美 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU

日本新記録をマークして優勝した相沢晃。2位に入った伊藤達彦(右)も従来の日本記録を上回り、名レースを演じた ©KYODO

女子10000m、日本新記録をマークして優勝し、感極まった表情の新谷仁美。東京五輪代表に内定 / photograph by KYODO 日本新記録をマークして優勝した相沢晃。2位に入った伊藤達彦(右)も従来の日本記録を上回り、名レースを演じた ©KYODO 東洋大時代の相澤晃(2019年全日本大学駅伝) ©BUNGEISHUNJU 東京国際大時代の伊藤達彦(2019年全日本大学駅伝) ©BUNGEISHUNJU 2012年の日本選手権、女子5000mで1位になった新谷仁美 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU

ページトップ