記事に戻る

「総合力の高いチームがW杯で勝てる」 コロナ禍の欧州遠征で日本代表が得た“2戦以上の価値”とは

試合前、日本のファンとリモートハイタッチをする久保建英。欧州遠征では様々な工夫と試行錯誤がなされていた / photograph by JFA/AFLO キャプテンの吉田を中心にチームはまとまりを見せた©JFA 試合会場入りの際に、検温する伊東純也と川口コーチ©JFA 入場前、消毒液を使用する中山雄太©JFA/AFLO メディアもソーシャルディスタンスを守った©JFA 中継を担当した村越威史(右)とオランダの制作会社のアンドレ©NTV Europe スマホを駆使して映像を届けた©NTV Europe コートジボワール戦の先発メンバー©JFA カメルーン戦後、積極的に意見交換する(左から)大迫勇也、南野拓実、久保©JFA/AFLO

キャプテンの吉田を中心にチームはまとまりを見せた©JFA

試合前、日本のファンとリモートハイタッチをする久保建英。欧州遠征では様々な工夫と試行錯誤がなされていた / photograph by JFA/AFLO キャプテンの吉田を中心にチームはまとまりを見せた©JFA 試合会場入りの際に、検温する伊東純也と川口コーチ©JFA 入場前、消毒液を使用する中山雄太©JFA/AFLO メディアもソーシャルディスタンスを守った©JFA 中継を担当した村越威史(右)とオランダの制作会社のアンドレ©NTV Europe スマホを駆使して映像を届けた©NTV Europe コートジボワール戦の先発メンバー©JFA カメルーン戦後、積極的に意見交換する(左から)大迫勇也、南野拓実、久保©JFA/AFLO

ページトップ