記事に戻る

ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。

6球ずつ投げ合い、最後に白いジャックボールに少しでも近いボールを置いた方が勝ち。カーリングのような頭脳戦が繰り広げられる。 / photograph by Yuki Suenaga ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(2) ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(3) ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(4) ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(5)

6球ずつ投げ合い、最後に白いジャックボールに少しでも近いボールを置いた方が勝ち。カーリングのような頭脳戦が繰り広げられる。(photograph by Yuki Suenaga)

6球ずつ投げ合い、最後に白いジャックボールに少しでも近いボールを置いた方が勝ち。カーリングのような頭脳戦が繰り広げられる。 / photograph by Yuki Suenaga ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(2) ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(3) ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(4) ボッチャ・廣瀬隆喜が父と泣いた夜。修造、家族の強く温かな絆に触れる。(5)

ページトップ