記事に戻る

ロンジンが見通したテニスの未来――。フューチャーテニスエース大会詳報。~加藤智子が準決勝まで進む快挙!~

慣れないクレーコート、言葉の壁というハンデをものともせず準決勝まで進出した加藤。 / photograph by LONGINES 新時代のフランスを象徴する最先端エリア『ラ・デファンス』。そこをジャックして大会は開催された! 大会前の全体トレーニングにて。コーチと世界中の仲間と全員で「ハイ、セルフィー!」。 大会本番でのコート風景。世界中のメディアが注目する中で加藤(右)がプレー。 サンチェス(左)とクライシュテルス(左から2人目)が、会場のあちこちで熱く直接指導している風景が見られた。 写真中央でトロフィーを持つサンチェスと左手側にいる優勝選手のマルチネス。側で腕組みする紳士は、この大会を主催したロンジンの副社長ファン・カルロス・カペリ氏。その右がフランス・テニス協会会長のジャン・ガシャサン氏。最後は全員で記念撮影!

大会前の全体トレーニングにて。コーチと世界中の仲間と全員で「ハイ、セルフィー!」。

慣れないクレーコート、言葉の壁というハンデをものともせず準決勝まで進出した加藤。 / photograph by LONGINES 新時代のフランスを象徴する最先端エリア『ラ・デファンス』。そこをジャックして大会は開催された! 大会前の全体トレーニングにて。コーチと世界中の仲間と全員で「ハイ、セルフィー!」。 大会本番でのコート風景。世界中のメディアが注目する中で加藤(右)がプレー。 サンチェス(左)とクライシュテルス(左から2人目)が、会場のあちこちで熱く直接指導している風景が見られた。 写真中央でトロフィーを持つサンチェスと左手側にいる優勝選手のマルチネス。側で腕組みする紳士は、この大会を主催したロンジンの副社長ファン・カルロス・カペリ氏。その右がフランス・テニス協会会長のジャン・ガシャサン氏。最後は全員で記念撮影!

ページトップ