JリーグPRESSBACK NUMBER

「無理せず、慌てず、攻め急がず」
J2徳島に根付くリカルド監督の思考。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/11/21 11:30

「無理せず、慌てず、攻め急がず」J2徳島に根付くリカルド監督の思考。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

徳島に「つなぐサッカー」を根付かせたリカルド・ロドリゲス監督。まずは昇格プレーオフ圏内に入り、J1昇格を目指す。

プレッシャーがあることで強くなれる。

 最後に、主力唯一の外国籍選手であるヨルディ・バイスに徳島のスタイルについてたずねた。

「ボールを支配して敵陣でゲームを進める。そんな徳島のスタイルが好きで、このチームに加入したんだ。今日は敵のプレッシャーを自陣で受けることになったが、プレッシャーを受けること自体は嫌いじゃないよ。敵からのプレッシャーや外的なプレッシャーがあることで強くなれるからね」

 今季7ゴールと得点源にもなっている、オランダ生まれのセンターバック。卓越した守備力に加えて、優れた展開力を備える彼は、徳島のパスワークの源流となっている。

「いつでもプレッシャーをかいくぐって、ソリューションを見つけ出すよ。それが私のクオリティの一部だからね。5人が寄せてきても、フリーの味方を見つける自信はある。そうしたプレーは、フェイエノールトのアカデミー時代に身につけたんだ」

 限られた素材を最大限に生かし、賢いプレーを植えつけたリカルド・ロドリゲス。昇格レースの行方はわからないが、Jリーグきっての指導者であることは間違いない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

徳島ヴォルティス
リカルド・ロドリゲス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ