SCORE CARDBACK NUMBER

相撲は「家業」であり「宿命」。
二代目琴ノ若は猛牛になれるか。
~大関以上になれば祖父の名を?~

posted2019/06/23 08:30

 
相撲は「家業」であり「宿命」。二代目琴ノ若は猛牛になれるか。~大関以上になれば祖父の名を?~<Number Web> photograph by KYODO

十両昇進を決めて、父でもある佐渡ヶ嶽親方、そして祖父の元横綱・琴櫻の写真を傍らに会見をする二代目琴ノ若。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 令和元年初の本場所が終わり、晴れて4人の若者が「関取」の座をつかんだ。

 令和の時代初の新十両力士は、元横綱琴櫻を祖父に、元関脇の琴ノ若を父に持ち、このたびその名前を継いだ琴鎌谷改め琴ノ若(佐渡ヶ嶽部屋)。そのほか大学卒業後、北海道の役所に勤めながらも角界に飛び込んだ“脱サラ力士”の一山本(二所ノ関部屋)、十両力士・美ノ海(ちゅらのうみ)を兄に持つ木崎海(木瀬部屋)は、同時兄弟関取ともなる。そして竜虎(尾上部屋)は、師匠である元小結濱ノ嶋の甥にあたるという。

 それぞれに話題を振りまくなか、なんといっても昭和、平成時代の大相撲ファンにも注目されるのが、琴ノ若の存在だろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

琴ノ若

相撲の前後のコラム

ページトップ