球道雑記BACK NUMBER

スポンサーも新エースの虜に?
ロッテ岩下大輝の魅力は「素直さ」 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/24 08:00

スポンサーも新エースの虜に?ロッテ岩下大輝の魅力は「素直さ」<Number Web> photograph by Kyodo News

2018年10月5日楽天戦でプロ初勝利を挙げた岩下大輝。今年は更なる飛躍が期待される。

「また新しい壁が見えてきた」

 そして迎える'19年シーズン、岩下は一軍当落線上ギリギリのところで今、戦っている。

 ファームでの登板が多いせいか、派手に新聞紙上およびインターネット上に彼の名前が躍ることはない。だが、ここまでの調整を見るとまずまず順調、どちらかといえば本番で実力を発揮するタイプだけに、前述の期待が色褪せることはない。

 岩下は、過去の自分を振り返りながらこう言う。

「僕はこれまでの怪我に関して否定的に考えたことがないです。だから気持ちの部分は何も(入団した頃と)変わらずにここまで来た感じです。それが、やっとここに来て、一軍で投げる難しさとか色々と感じるところも出てきた。また新しい壁が見えてきた。今はそんな風に捉えています」

 プロで過ごしたこの4年間、誰もが経験出来ない日々を過ごしてきたと自負している。その経験をプラスに変えることが出来たからこそ、ライバルに道を譲るつもりなんてサラサラない。奪われないだけのことをやってきたという自信もある。

 椎間板ヘルニアの手術後、あまり鍛えることができなかった下半身もウエイトトレーニングの量を増やすなどして昨年より良い状態に戻りつつある。そういう意味ではまだまだ進化の途中だ。

“2桁”を達成したら?「天狗になっているかも(笑)」

 今年、2桁勝利を挙げたら栃木市にある岩下食品のミュージアムに、岩下の等身大人形が飾られるプランもあるという。そんな岩下に今年、現実に2桁勝利を挙げることができたらどうなるかという質問をあえて振ってみた。

 すると彼は屈託のない笑みを浮かべながらこう返す。

「自分、変わっているかもしれないです。もしかしたら天狗になっているかもしれない。だって、すぐ調子に乗りそうですもん(笑)。でも、そのときは『天狗になるなよ』、『お前、少し変わったな』って周りの人に言ってほしいです」

 やっぱり彼は素直だ。

 そんな彼の姿をこれからも追い続けたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
千葉ロッテマリーンズ
岩下大輝

プロ野球の前後の記事

ページトップ