SCORE CARDBACK NUMBER

男女ともW杯出場を決めたセブンズに更なるサポートを。~15人制はもちろん重要だが、五輪の7人制も大切だ~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byKenji Demura

posted2017/11/01 16:30

男女ともW杯出場を決めたセブンズに更なるサポートを。~15人制はもちろん重要だが、五輪の7人制も大切だ~<Number Web> photograph by Kenji Demura

揃ってW杯出場を決め、喜びを分かち合う男女セブンズ日本代表。悪天候の中でも粘り強いラグビーを展開した。

「アジアでなければできない経験を積めました。あのグラウンド状況でも1人1人、ポジティブに戦いぬけましたから」

 男子7人制日本代表の小澤大主将は胸を張った。10月14~15日、スリランカで行われたアジアセブンズシリーズ最終戦は、2日間とも大雨、泥田の中での戦いだった。16日、成田空港での帰国会見で、男子のFWダラス・タタナは「あんなドロドロのグラウンドは初めて」と呆れ顔。女子のエース堤ほの花は、トライのとき口に泥が入ってしまい「最悪ぅ」と、もはや笑うしかなかったという。

 そんな悪条件で戦う選手を支えていたのは、世界へ挑む自覚だった。今回のシリーズは来年7月、米国で行われる7人制ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選。男女とも、この大会で決勝に進むことがノルマだったのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ラグビーの前後のコラム

ページトップ