SCORE CARDBACK NUMBER

7・17はプロレス・フェス! 注目は大日本のガチンコ対決。~ファン投票でメインカードが決まる大会~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2017/07/08 17:00

7・17はプロレス・フェス! 注目は大日本のガチンコ対決。~ファン投票でメインカードが決まる大会~<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

大日本プロレスはプロ野球の横浜ベイスターズから刺激を受け、商店街プロレスなど地域密着型で人気を広げる。

 7月の連休最終日の17日は海の日。3団体のビッグイベントが競合し、さながらプロレス・フェスティバルのようだ。

 夏は稼ぎ時。新日本は恒例のG1クライマックスの開幕戦を北海道立総合体育センターで行う。グレート小鹿率いる大日本は、東京・両国国技館で3度目の開催。そして全日本が、東京・後楽園ホールで王者・石川修司(フリー)vs.挑戦者・諏訪魔の3冠ヘビー級選手権試合をぶつけてくる。多団体化マットを象徴するようなガチンコ興行戦である。

 好調の新日本にインディー魂で一矢報いようというのが大日本だ。横浜に本拠を置き、'95年3月、横浜文化体育館で旗揚げした。横浜市で商店街プロレスを展開するユニークさ。地域に密着したインディーの営業力は侮りがたい。ストロングスタイルと血みどろのデスマッチの2本立てを売りにする団体だが、今年は戦術を変え、メーンカードをファン投票によって決定する(すでに投票は締め切り済み)という新機軸を打ち出し、非常に注目されている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 478文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

清原和博「告白」

Sports Graphic Number 930

清原和博「告白」

 

大日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ