SCORE CARDBACK NUMBER

ドキュメント映画で蘇る天龍源一郎、最後の激闘。~濃厚な人生が詰まった、オカダ戦までの10カ月~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byFree man OFFICE

posted2017/02/01 16:30

ドキュメント映画で蘇る天龍源一郎、最後の激闘。~濃厚な人生が詰まった、オカダ戦までの10カ月~<Number Web> photograph by Free man OFFICE

作品について天龍は「様々な生き方の形態として、映画を通して感じ取っていただけたら」。

 激闘40年。あの“ミスタープロレス”天龍源一郎が再び蘇る。

 天龍が「革命終焉」と銘打って引退試合を行なったのが一昨年の11月15日。大相撲の殿堂、東京・両国国技館だった。その引退1周年を記念した天龍プロジェクト制作のドキュメント映画『LIVE FOR TODAY―天龍源一郎―』が、67歳の誕生日(2月2日)に合わせて、2月4日から新宿武蔵野館、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国で順次ロードショー上映される。

 監督は『ほしのふるまち』、『通学電車』などの川野浩司。ナレーターは『ヒミズ』などの俳優・染谷将太。天龍が'15年2月9日、後楽園ホールで天龍プロジェクト代表の愛娘・紋奈さんを伴って引退表明した当日から、オカダ・カズチカ(新日本)とのラストマッチまで10カ月間の引退ロードにカメラが密着した。腰部脊柱管狭窄症の手術からカムバック、最後の力を振り絞る姿を克明に捉えた迫真のドキュメントだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 501文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ボクシング総力特集>最強は誰だ。
天龍源一郎
川野浩司

プロレスの前後の記事

ページトップ