SCORE CARDBACK NUMBER

“2つの呪い”を解いた球団社長の名手腕。
~カブスの世界一は、データと哲学両面の
改革の成果だった~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2016/11/23 17:00

“2つの呪い”を解いた球団社長の名手腕。~カブスの世界一は、データと哲学両面の改革の成果だった~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

MLBのフロントで顕著に働いた人物を表彰する、「最優秀エグゼクティブ」を今季受賞。

 今年のワールドシリーズはカブスがインディアンスを下し、1908年以来108年ぶりの世界一に輝いた。第7戦を延長戦の末に制し、チャンピオントロフィーを手にしたセオ・エプスタイン社長は、ひと目もはばからず涙を流した。日頃はクールな表情を崩さないエリートが、「ファン、選手共々、勝つべくして勝ったんだ」と興奮を隠せないほど、頂点までの道は、長く、険しかった。

 2002年、当時史上最年少の28歳でレッドソックスのGMに就任したエプスタインは、すぐに手腕を発揮した。積極的にトレードを進め、'04年には86年ぶりにワールドシリーズを制覇。ベーブ・ルースを放出した因縁で世界一になれないと言われた「バンビーノの呪い」を解いたことで注目を集めた。'07年には、再び世界一を奪還。メジャー屈指の辣腕GMとして知られるようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 568文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~
シカゴ・カブス
クリーブランド・インディアンス
セオ・エプスタイン

MLBの前後の記事

ページトップ