SCORE CARDBACK NUMBER

石川遼の優勝が示した日本男子ツアーの課題。~鎖国的なツアーを「全員で」突破する気概を~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/12/28 06:00

石川遼の優勝が示した日本男子ツアーの課題。~鎖国的なツアーを「全員で」突破する気概を~<Number Web> photograph by KYODO

日本シリーズJT杯で通算13勝目をあげた石川遼。自身初の国内メジャー制覇を果たした。

 石川遼が、2015年男子ツアーの最終戦、日本シリーズに優勝した。久しぶりに、男子ツアーが面白いと思った試合だった。

 3日目を終えて3打差の首位から最終日をスタートした石川は「とても不安な最終ラウンドだった。最後まで、勝てると思える余裕がなかった」と正直に心情を語った。ただ終わってみれば6バーディ、3ボギーの67で、2位に5打差をつけての勝利。1打ごとの集中もよく整っていたと言うように、上質なゾーンに入っていた気がする。

 2015年日本男子ツアーは、石川の優勝で、ゴルフファンや関係者はようやく溜飲が下がる思いだったのかもしれない。それもそのはず。年々ギャラリー数が減っていき、今年も惨憺たる1年になりそうだと諦めかけていたところに少し明るさが見えたからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

石川遼

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ