SCORE CARDBACK NUMBER

侍ジャパンの4番に定着。筒香嘉智の抱く理想像。~殻を破った“つなぎの4番”~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2015/12/07 06:00

侍ジャパンの4番に定着。筒香嘉智の抱く理想像。~殻を破った“つなぎの4番”~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

代表の野手では2番目の若さだが、全8試合に中軸として出場。打率.385と貫禄を見せた。

 目の前で初回、3番の山田哲人がホームランを打った。それでも4番の筒香嘉智は丁寧にボールを見極めて、きっちりフォアボールを選ぶ。

 11月21日、プレミア12の3位決定戦。

 中村剛也に代わって準々決勝から4番に座った筒香は、続く第2打席でもホームランを放った山田の後で、外のボールに逆らわず、しかし力強いスイングでレフト前ヒットを打った。

「打ちに行ったら、そこまで甘いコースじゃなかったので、とっさに切り替えたという感じでした。ああいう場面で(左方向へ打つバッティングが)出せるというのは、技術もちょっとずつ、ついてきているのかなと思います」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

山田哲人
筒香嘉智

プロ野球の前後のコラム

ページトップ