SCORE CARDBACK NUMBER

鈴鹿でハミルトンが独走。今後の焦点は2位争いに。~総力でベッテルを押し上げる体制~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/10/10 08:00

鈴鹿でハミルトンが独走。今後の焦点は2位争いに。~総力でベッテルを押し上げる体制~<Number Web> photograph by Getty Images

ハミルトン(左)が連覇をほぼ手中に収め、フェラーリのベッテル(右)は2位奪取を狙う。

 27回目を迎えた鈴鹿サーキットの決勝は秋晴れに恵まれ、昨年より9000人多い8万1000人の観客が詰めかけた。自作グッズや応援垂れ幕を掲げるファンが目立ち、海外メディアも「イタリアGP以上の熱気だ!」と驚くほど。

 その日本GPではハミルトンがカート時代から“憧れのレーサー”だったセナの生涯記録41勝に並んだ。予選はシケインでミスし、2年連続でPPをロズベルグに奪われたが「今年もだめだったけれどスタートで勝負にいく」と焦りは見せず。夜半からの雨が路面を洗い流し、レコードライン側でない2番手のグリップハンデは減った。勝負はスタートのレスポンスタイム、精確なクラッチ操作、的確なライン取り。全戦で唯一と言っていい鈴鹿の下り坂スタートは、'88年にPPのセナがエンジン・ストールしたほど難しい(その後プロストを抜き初戴冠)。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ハミルトン
メルセデス

F1の前後のコラム

ページトップ