ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

中継ぎの盟友・須田幸太が戦力外。
DeNA田中健二朗は無念を背負う。 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/11/14 07:00

中継ぎの盟友・須田幸太が戦力外。DeNA田中健二朗は無念を背負う。<Number Web> photograph by Kyodo News

9月16日の阪神戦では藤浪晋太郎に満塁弾を浴びた。2008年入団の投手陣最古参の復活が待たれる。

もうひと花咲かす、ですね。

 田中は昨季チームが日本シリーズを戦った際、第1戦で登板したものの3分の2回を自責点3で終えている。

「なんか置き忘れたもんばっかなんで、とにかく取り戻さないと」

 そして田中はオラついた表情を緩めると、次のようなことを尋ねてきた。

「そういえば、自分はすでに“ひと花咲かせた”って言えるんですかね?」

 もちろんだ。繰り返しになるが田中の存在と活躍がなければ初となるCSに到達するのは難しかった。チームの歴史を変えたひとりであることは間違いない。

「じゃあ、“ひと花咲かす”じゃなく、“もうひと花咲かす”ですね」

 来季のDeNAのリリーフ陣は、外国人選手の去就などまだ不確定要素が多く懸念材料は少なくない。打者を幻惑するカーブと、マウンドを掴む粘り強い下半身。どんな場面でも言われれば意気に感じ、仕事をこなす男の完全復活に大いに期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
須田幸太
田中健二朗

プロ野球の前後のコラム

ページトップ