SCORE CARDBACK NUMBER

170cmの体でIWGPに挑戦した、
石井智宏の突貫プロレス人生。
~敗れたが、いまや新日のベスト4~

posted2018/10/16 07:00

 
170cmの体でIWGPに挑戦した、石井智宏の突貫プロレス人生。~敗れたが、いまや新日のベスト4~<Number Web> photograph by Getty Images

ケニーと死闘を演じた石井。10月1日のロサンゼルス大会ではオカダ・カズチカと組んでメイン試合に登場した。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

「人生、山あり谷あり」

 170cm、100kgそこそこの小兵で、新日本の看板ベルト、IWGPヘビー級王座に挑戦。持ち前の突貫ファイトで王者をあと一歩まで追い込んだ。30分55秒、王者ケニー・オメガの必殺技「片翼の天使」に沈んだものの、あっぱれな負けっぷりだった。1996年11月に天龍源一郎のWARでデビューし、キャリア22年。石井智宏のことだ。

 石井は8月4日の大阪大会、G1クライマックスのBブロック公式戦でケニーに勝利した。その実績を評価され、9月15日の広島サンプラザでIWGPヘビー級王座に挑戦。しかし、王者ケニーのリベンジファイトにやられ、無念の敗北。初戴冠はならなかった。これで両者の通算対戦成績は、5戦して石井の2勝3敗。第6ラウンドの新たなバトルドラマが始まる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

新日本プロレス
石井智宏
ケニー・オメガ

プロレスの前後のコラム

ページトップ