JTバレーボール、大躍進の理由BACK NUMBER

JTマーヴェラス「昇格2年目で2位、一歩ずつ成長してきた」 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2018/05/31 11:00

JTマーヴェラス「昇格2年目で2位、一歩ずつ成長してきた」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

正セッターとして攻撃を組み立てる田中美咲。吉原監督の厳しい練習で大きく成長した一人だ。

「今年は体育館に布団を敷くかも」

 プレミアリーグに復帰したばかりで何もわからなかった前季とは異なり、何をすべきかが明確になり、勝ちパターンも少しずつ構築された。サーブで攻め、ブロックとレシーブを連動させたディフェンスからチャンスをつなぎ、攻撃の軸になるのは新加入したセルビアのエース、ブランキツァ・ミハイロヴィッチ。好不調の波はあったが、常に上位でレギュラーシーズンを戦い抜き、ファイナル6を1位通過で決勝へ進出した。

攻撃の軸としてチームで最も得点を稼いだミハイロヴィッチ。

 だが、ようやくたどり着いた舞台で待っていたのは、歓喜ではなく屈辱。

 緊張で足が動かないJTの選手とは対照的に、7季連続で決勝進出の久光製薬は、当たり前のプレーを当たり前にやってのけ、要所の1点を逃がさない。2戦方式の決勝戦。1セットも取ることができず、小幡が「1位と2位ではなく、8位のチームと思われても仕方ないような試合をしてしまった」と振り返ったように、突きつけられたのは完敗と認めざるを得ない結果だった。

「決勝は独特の空気で、雰囲気も違う。あの場に立たなければわからないことばかりなんです。技術も、メンタルもそう。普段なら当たり前にできることが、全然できない。だったら、そこからどうするか。何をしなきゃいけないのか。それを本気で考え、この2位を価値あるものにできるかどうか、それがわかるのは次のシーズンだと思うんです。一番を獲るのは簡単じゃないんだよ、ということも含めて、あの経験は何物にも替えられないものなんだ、とわかってほしいですね」と、吉原は言う。

 一つひとつの経験を、次につながる力に変える。その兆しは、リーグ閉幕から1カ月半後の5月に行われた黒鷲旗全日本男女選抜大会でさっそく形となって現れた。

 決勝で久光製薬にリベンジを果たし、2年ぶりの優勝。6日間で6連戦のハードスケジュール、疲労がピークに達する最終日の決勝が一番いい動きをしていた、と笑みを浮かべ、吉原が言った。

「優勝という形でシーズンを終われたのは、自信につながったんじゃないかと思います。でも、細かいところを見れば技術もメンタルも、まだまだやることだらけ。今年は体育館に布団を敷くかもしれませんね」

 妥協せず、一歩ずつ。やはり今はまだ、成長を続ける歩みの途中だ。

就任3年目でチームを準優勝に導いた吉原監督。

詳しいチーム情報は公式フェイスブックで。

JTマーヴェラス : https://www.facebook.com/JTmarvelous.volleyball/

関連コラム

BACK 1 2 3

ページトップ